【ミニマリストの節約術】5年で高級外車が買えるほど実用的な35選

【ミニマリストの節約術】5年で高級外車が買えるほど実用的な35選

閲覧回数:2,015 回 
2020年08月21日(金)

 

1つの節約術では少額。
でも、積み重ねれば5年で高級外車が買える。

by:ようへい

 

ムダな支出を0円にできないか日々考えているようへいです。

この5年で、500万円以上貯金できました!

 

「自分に合った節約術は何だろう?」と考えていませんか?

実用的な節約術とは、今の生活の質を下げることなくできる節約!

つまり、ムダな支出だけを減らします。

節約のために生活の質を下げるのは誰もが嫌なはず。

 

 

このブログ記事はミニマリストが厳選した『実用的な節約術35選』を紹介します。

1つでも多くのコツを生活に取り入れると、月数万円のお金が浮く。

どれだけのお金を浮かせられるかは、あなた次第!

お金の不安がなくならない人、必読です。

 

ミニマリストの節約術35選!かなり実用的

ちょっとした日常生活の工夫でできる節約術を実践しています。

全部で7つのカテゴリー人分けてみました。


 ⑴ 食費

 ⑵ 家賃

 ⑶ 水道光熱費

 ⑷ 通信費

 ⑸ 被服費

 ⑹ 交際費

 ⑺ 医療費

 

1つ1つ解説していきます。

長いブログ記事なので興味のある方法だけを読んでもらえたらと思います。

 

⑴ 食費

 


 01 食品ロスを出さない

 02 自炊 > 外食

 03 薄味でより健康に

 04 料理の腕を上げる

 05 理想の体型を目指す
  

 

 

01 食品ロスを出さない

食べ残した分にもお金を払っていることを忘れない。

自炊でも外食でも食べ残した分は、その分のお金を捨てているのと同じ。

ムダな支出が増えるだけでなく、生産者や料理人が悲しい思いをします。

 

自分で作った料理を残されたら、あなたはどう思いますか?

自分が丹精込めて作った野菜を食べ残されたとしたら…

 

 

02 自炊 > 外食

自炊は圧倒的に安くて、体にいい。

安くておいしい外食はいくらでもあります。

コストが高い場合もあれば、安いけど添加物が多く含まれている場合も…

 

ゆで卵は家で食べたら1つ20円もしませんが、コンビニでやスーパーなら50円。

ラーメン屋さんで卵を追加したら100円。

手間暇を惜しまず、自炊をすれば食費はかなり節約できます。

 

 

03 薄味でより健康に

薄味なら調味料が減らせるし、よりヘルシーな食事になる。

好きなものを好きなだけ食べられる世の中。

塩分、糖分、脂肪分を気にしない限り、つい摂り過ぎてしまいます。

 

多少、摂り過ぎても体から排出されて問題ありません。

でも、慢性的な摂り過ぎだと体に悪影響が出る。

今の時代、不足することはないので、今よりもちょっとだけ薄味にしてみませんか?

 

 

04 料理の腕を上げる

食材を余らせない。

限られたもので料理をする。

食品の廃棄がなくなれば、ムダな支出がなくなります。

 

冷蔵庫に保管しても腐らせてしまったもの、ありませんか?

食べようとした時には賞味期限が切れてしまったり…

 

冷凍食品や調味料は長持ちしますが、生鮮食品は要注意です。

あるものすべての賞味期限を記憶する気持ちでいれば、食品の廃棄は0に近づく。

 

 

05 理想の体型を目指す

余計な体脂肪を減らそうと思えば、食事の量が減る。

もしあなたが体脂肪を気にし始めたらチャンスです。

食べる量が減れば、当然ながら食費を抑えられる。

 

脂肪を1キロ燃焼するためには早くても1か月かかります。

ダイエットに成功した後も、理想の体型を維持しようと食事を意識すれば食費が減る。

今のあなたが食べ過ぎているとしたら、余計な分だけ減らしましょう。

 

 

⑵ 家賃

 


 01 引越の回数をできるだけ減らす

 02 更新または契約時に値引き交渉する

 03 最適な部屋の広さにする

 04 敷金が償却か返却かを確認する

 05 リフォームされた古い物件にする

 

 

01 引越の回数をできるだけ減らす

引っ越し費用は大きな出費。

引越代、敷金、礼金、その他の初期費用は引っ越しをする度にかかります。

仕事の転勤が理由なら会社がお金を出してくれますが、そうでない場合は自己負担。

 

引越をする際はその町が住みやすくて、居心地のいい環境であるかを事前によく調べましょう。

調査不足でやむなくすぐに引っ越すなんてお金がもったいないです。

 

 

02 更新または契約時に値引き交渉する

大家さんに迷惑のかからない範囲で交渉。

同じ物件の同じ間取りに住んでいるとしても家賃が違うことがある。

これは不動産事業をしている人から聞いた話なので事実。

 

入居したときの建物の古さや町の価値によって値段が変動します。

家賃8万5000円の物件を3万円引きにするのは厳しいですが、5000円引きなら了承してくれる大家さんもいるはず。

 

ポイントは物件に対する適正家賃を払うこと。

必要以上に払う必要はありません。

ただ、大家さんを困らせるような強引な値引き交渉はやめましょう。

 

 

03 最適な部屋の広さにする

ムダなスペースにお金を払う必要なし。

必要のないスペースも家賃に含まれています。

使わないスペースに家賃を払うのはもったいなくないですか?

 

自分の生活スタイルを考えれば、どれだけのスペースが必要か分かります。

広い部屋を好む人が多いかもですが、ミニマリストからしたら掃除が大変になるだけ。

エアコンの電気代も高くなるので、最適な広さを選ぶと支出を減らせます。

 

 

04 敷金が償却か返却かを確認する

敷金が返ってくるかどうかの差は大きい。

今、私が借りている物件は敷金が戻ってこないタイプ。

それを契約時に伝えられたので、かなり損をした気分になりました。

でも、大家さんがいろいろと設備投資をしてくれたので仕方のない出費だと思っています。

 

扉を交換してくれたので鍵の交換費用なし。
新品のガスコンロ完備。
ほぼ新品のトイレとエアコン完備。

 

築40年以上の建物ですが、室内はすこぶる快適です。

事前に敷金が償却されるかを確認しましょう。

 

 

05 リフォームされた古い物件にする

リフォームされていれば、住み心地はとてもいい!

先ほども話しましたが、今借りている物件は築40年以上。

 

聞いた話だと、和室をフローリングに、室外洗濯機を室内に。

時代のニーズに合わせて大家さんがリフォームしてくれたみたいです。

 

 

外観はさすがに古く、おしゃれとはかけ離れていますが、非常に快適な暮らしをさせてもらっています。

築浅の物件は家賃が高め、古い物件はリノベーションされていたとしても家賃が低め。

 

商店街から近く、駅まで一度も信号を渡らなくていい好立地。

これほどいい立地で予算以内だったのはラッキーでした。

 

必要最低限の生活環境で暮らすのを始めて、少しずつ豊かさをプラスしていきましょう!

 

 

⑶ 水道光熱費

 


 01 契約を見直す

 02 家電を減らす

 03 シャワーヘッドを交換する

 04 お米は炊き立てをいただく

 05 シャワーだけにする
 

 

 

01 契約を見直す

もっと安い契約ができるかを調べます。

電力をあまり使用しないのに、基本料金の高いプランだともったいない。

 

普段の使用電力に合わせて、できるだけ基本料金の安いプランに変更しましょう。

また電気とガスの契約を同じ会社にすればセット割を受けられます。

 

 

固定費の削減は節約の基本。

契約をし直すのは面倒だと考えがちですが、意外とやることは簡単です。

 

電話一本で「契約の見直しをしたいです」と伝えるだけ。

あとはオペレーターに聞かれたことに答えればいいのです。

 

15分の電話で年間6,000円の節約ができたら、時給換算で24,000円の働き。

かなり効率のいいバイトだと思いませんか?

 

 

02 家電を減らす

なくても困らない家電をリサイクルしましょう。

家電は私たちの生活を便利にする優秀な道具。

でも、ミニマリスト視点だと、なければないで大して困らない家電もある。

 

たとえば、ポッド。

お茶を入れるなら15秒でお茶ができる。

来客があった時だけお湯が必要ならやかんや鍋で十分です。

待機電力もかからず、壊れる心配もない。

 

使う家電が少ないければ、それだけ購入費、維持費、電気代が節約になります!

 

 

03 シャワーヘッドを交換する

節水効果は抜群。

水量が少なく感じるとか、肌への当たりに違和感があるとかは最初だけ。

体が洗えないことはないし、時間が倍かかるということもなし。

 

以前、ホテルに泊まった時、水量が出ないシャワーを使いました。

どれだけ蛇口をひねっても、最大水量は変わらず…

仕方がないのでそのまま頭や体を洗ったのですが、かかった時間はほぼ同じ。

 

そこで気づいたのが日常生活で水を使い過ぎているということ。

普段の半分以下で十分だったのです。

勢いがないシャワーでも体はきれいに洗える。

 

 

04 お米は炊き立てをいただく

保温時間をできるだけ短縮。

保温機能は便利ですが、保温する時間が長いとそれだけ電力を消費します。

 

炊き上てをいただきましょう。

また、ご飯が残ったらラップに包んで冷蔵または冷凍保存です。

 

保温したお米と味の違いはさほど出ません。

やっぱりご飯は炊き立ての熱々が一番ですね( ゚Д゚)

 

一人前を炊くよりも、5人前を炊いた方がよりおいしく炊きあがると言いますが、普段は人数分で炊き上げてください。

最近の炊飯器は安いものでもかなり優秀です。

 

 

05 シャワーだけにする

湯船につかるのは特別な日だけ。

この節約方法は賛否が分かれますが、私はシャワー派。

湯船につかるのは温泉旅行に行った時や実家に帰った時ぐらいです。

 

浴槽の掃除なし。
入浴時間短縮。
節水。

 

ミニマリストの私にとって、シャワーだけにするメリットはたくさんあります。

でも、理想の生活は湯船に1分でもいいからつかる毎日。

今はリラックスよりも、シャワーのみの方がストレス減なのでOKです。

 

 

⑷ 通信費

 


 01 固定電話を解約する

 02 契約プランを見直す

 03 最新のスマホに買い替えない

 04 ネットはwifiが使える場所で

 05 脱スマホ依存

 

 

01 固定電話を解約する

家庭の固定電話はもはや不要。

ほとんどの人はスマホのみで生活していると思います。

 

私もスマホのみ。

プライベートジムを経営しているので、ジムには固定電話を置いています。

会員さんの募集をしていないので、この1年は営業の電話しかかかってこない。

 

家に固定電話を置いても、結局かかってくるのは営業電話。

友達や家族からの電話やメッセージはスマホですね。

 

 

02 契約プランを見直す

最適の契約プランを選びましょう!

あまりスマホを使わないのであれば、格安SIMに変更してもOK。

通信速度が遅くなったりと快適さが劣るものの、使う頻度が少ない人ならほぼ影響がありません。

 

あとは、オプション契約の見直しも一緒にします。

契約時にいろいろとオプションの説明を受けているはず。

 

「このオプションは最初の2ヶ月無料で、その後に解約してかまいません。」

「無料ならいいか」とそのままにしておくと、3か月目からオプション代金を支払うことに…

 

 

私は、端末の保証すらしないで、すべてのオプションを契約時に外しました。

後日オプションを外すのは面倒だし、忘れてしまう可能性が高い。

 

たいして重要じゃないことを2ヶ月先まで覚えているかと言われればNOです。

もし、使っていないオプションにまだお金を払っているなら今すぐ解約しましょう。

 

必要ないオプションだけで月2,000円とか払っていたら本当にもったいないです。

 

 

03 最新のスマホに買い替えない

型落ちのスマホでも機能は◎

スマホをほぼ使わない私はiPhone6を使用しています。

 

初めて手にしたスマホ。

もう5年以上使っているかと。

 

 

寒いとタッチ画面がたまにフリーズしますが、それ以外は問題なし。

動かなくなる寸前まで使う予定です。

ちなみに前に使っていたガラケーは7年ほど使えました。

 

どうしても使いたい機能が最新のスマホにしかないのであれば、買い替えも1つの選択肢です。

でも、こだわりがないのであれば、端末代が安いものに買い替えます。

新しくするたびに10万円も払っていたらお金は出ていく一方です。

 

 

04 ネットはwifiが使える場所で

余計な通信費を払うのはやめましょう。

wifi環境であれば通信費がかからずにネットが使えます。

 

ネットを使うのは環境が整ったところだけにする。

たったそれだけで、余計な出費をなくせます。

 

 

どうしても仕事で使う場合は仕方ありませんが、その通信費は会社が負担してくれるので大丈夫。

問題なのはプライベートのネット通信です。

ネットサーフィン、ゲーム、SNSを使い過ぎていませんか?

 

 

05 脱スマホ依存

スクリーンタイムを減らす!

スマホを使っている時間が長すぎます。

私もパソコンを長い時間使っていますが、それはこのブログを更新するため。

 

1日30分はNBAの試合を見て楽しんでいます。

仕事以外でスマホを使うのは1日5分。

ツイッターで1ツイートするだけ。

ラインで連絡を取るのは1日1回あるかどうかです。

 

 

以前はネットサーフィンをしていましたが、ムダな時間だと気づきやめました。

なければないでいいのがネット。


必要な時に少しだけ使えば、快適に暮らせます。

むしろスマホを使わない生活のほうが快適なのかもしれません。

 

現実的にスマホなしで生活はできませんが、スマホに依存した生活は抜け出してほしいと思っています( ゚Д゚)

 

 

⑸ 被服費

 


 01 コスパのいい服を多用する

 02 洋服を大切に扱う

 03 飽きがこないデザインを選ぶ

 04 アイテムを厳選する

 05 1枚買う時は、1枚捨てた時

 

 

01 コスパのいい服を多用する

インナーや部屋着はユニクロか無印良品。

ミニマリストの私はこの2社の製品を多用しています。

 

Tシャツとアンダーウェアは無印良品。

ソックスとインナーはユニクロ。

 

 

どの商品も品質は改善し続けられ、今では3年着られるほどの丈夫さ。

1,000円のTシャツ3枚で夏を過ごしているので、洋服にお金がかかりません。

どんなTシャツでも体を鍛えていれば、おしゃれになる気がします。

 

ほかにもっと安くて質のいい製品があるかもですが、私はこの2社の製品を着て育ったのでこれからも長くお世話になりそう。

インナーは外から見えないのでデザインよりも機能で選んでください。

 

 

02 洋服を大切に扱う

買い替える頻度が少なければ、お金を節約できる。

服は日用消耗品。

使い方が雑だと、それだけ早く消耗して着られなくなります。

 

お出かけ用に着ていた服が古くなったら、部屋着にする。

部屋着としても使えなくなったら、雑巾として最後まで働いてもらう。

もしくは、古着屋で買い取ってもらうのもあり。

 

あなたがいらなくなった服は、他の人からしたら着たい服かもしれない。

日本で着られないとしても、海外に送られて使われたりします。

服を必要以上に買わないためにも、買い物の回数を減らしましょう。

 

 

03 飽きがこないデザインを選ぶ

お気に入りの洋服は飽きがこない。

「飽きたらまた買い替えればいいや」
「買い取ってもらえば、少しはお金になるし」
という考えでいると、服にお金がたくさんかかります。

 

ファッションを楽しむのが一番の趣味でない限り、服にお金を使い過ぎるのはもったいない。

私なら一番の趣味にお金をかけます。

 

その他には健康のためにいいものを食べるとか。

飽きがこないデザインの服を長く大切に着ましょう。

 

 

04 アイテムを厳選する

好きな服は必然的に大切に着続ける。

着られる服を売るのはもったいないし、面倒です。

断捨離して服を厳選したので、服が欲しいと思わなくなりました。

 

断捨離する前と後の大きな違いは、自分に必要な数の服は持っていると気づいたこと。

当たり前ですが、必要なものを必要なだけ持っているなら買い足す必要がない。

 

断捨離して、いらない服をすべて売りましょう。

そしてお気に入りだけの服を着て、毎日を過ごしませんか?

 

 

05 1枚買う時は、1枚捨てた時

このルールを徹底すると、必要以上の洋服を買わない。

服はつい必要以上に持ってしまう日用アイテムです。

 

あっても困らないから、気に入った服が予算内であれば買う。

そんなことをくり返しているとクローゼットは服であふれ、着ない服が出始めます。

 

 

数回しか着ていないのにもういらない服って結構ありませんか?

もしあるのなら危険サイン。

 

今すぐに断捨離してアイテムを厳選しないと、これからずっと続く。

あまり着ない服のためにお金をガンガン使う生活が…

 

 

4,000円で買ったTシャツを2回しか着なかったら、1回2,000円。

それなら映画を観に行ったほうがいいです。

必要になったら、必要な分だけを買う暮らしはお金のムダが出ません!

 

 

⑹ 交際費

 


 01 旅行の時期を選ぶ

 02 旅行計画を綿密に立てる

 03 お金のかからない趣味を持つ

 04 結婚式や飲み会の出欠を厳選する

 05 好きなことを仕事にする

 

 

01 旅行の時期を選ぶ

シーズンオフや平日を狙って旅行する。

フリーランスとして働いているので、休みは自由に取れます。

 

お出かけは平日。

長期休暇は旅行シーズンを外してもらっています。

 

 

休日、祝日、夏休みなど多くの人が動く日は家でおとなしくしているか仕事。

人混みを避ければ、待ち時間が大幅に減るのでストレスフリーです。

せっかくの休みに渋滞にはまったり、行列に並んだりするのは好きじゃありません。

 

オフシーズンや平日だと宿泊代が安くなります。

時間の節約だけでなく、時期を選ぶだけでお金も節約。

 

 

02 旅行計画を綿密に立てる

旅行の予算を無限にしない!

せっかくだからと言って、いろいろプラスすると予算が想像以上に膨らみます。

 

旅行先でしかできない体験はたくさん。

どうしてもやってみたいことだけにしましょう。

 

 

あらかじめ旅行計画を立てておけば、余計な出費を減らせます。

宿泊代も早期割りなどお得を逃さないためにも綿密に計画です。

ノープランで自由気ままに旅行できて楽しければそれは理想。

 

私の場合はノープランで行って、
「どこで何を食べるか?」
「何をして過ごすか?」
がなかなか決まらないとストレス。

 

そんな余計なストレスをなくすためにも、計画して出かけます。

ノープラン派でも宿泊場所の予約とその土地の名物ぐらいは調べた方がいいと思います。

 

 

03 お金のかからない趣味を持つ

私の趣味はバスケットボール。

年間3万円あれば、思う存分バスケを楽しめます。


週1回は地元の体育館で友人たちとバスケ。

NBAのシーズン中は毎日のように試合のダイジェストを観て楽しんでいます。

1番の趣味がお金のかからないものだと、お金が貯まる。

 


ゴルフが趣味なら交通費とプレー代

ゲームが趣味ならネット代や課金代

食べるのが趣味なら食事代

 

1番の趣味にお金がかかるとなかなかお金は貯められませんね。

趣味を楽しむために仕事をして稼いでいるわけですから、いくらでも使うべきですが。

ただ、趣味によってお金のかかり方がかなり違うので1つの案として紹介しました。

 

 

04 結婚式や飲み会の出欠を厳選する

断る勇気を持ちましょう。

結婚式は本当に仲のいい友人もしくは親戚に招待された時だけ。
飲み会は行きたいと思った時だけ。
と言っても、私は飲み会に参加するのは年1回あるかないか…

 

 

お酒が飲めないし、騒ぎすぎると頭が痛くなるので参加することが少ないです。

時代の流れ的に断りやすいと思います。

私が学生の時は強制的に参加させられていました。

 

お誘いを一度断ると、誘われにくくなります。

大勢の場が苦手なら、勇気をもって断りましょう。

結婚式も飲み会も参加費は安くありませんから。

 

 

05 好きなことを仕事にする

好きなことへの出費はすべて自己投資になるのでムダがない。

失敗しようと成功しようとすべての出費は自分のため。

 

自分の成長のためにお金を使うのは一銭もムダになりません。

ありがたいことに自分の好きな仕事をさせてもらっているので自信を持って言えます。

 

 

今の仕事を好きになるのも1つの手。

自分の力だけで好きなことを仕事にするのは結構大変です。

お金、時間、体力が想像以上にかかります。

 

 

私の場合は3年間無休&無給でした( ゚Д゚)

今の仕事を好きになれれば、そんな苦労はしないです。

 

好きになる1つの方法は、ゲームとしてとらえる方法。

売上の数字を伸ばすゲーム。
上司から週何回褒められるかを数えるゲーム。

とにかく今の仕事を楽しめれば、仕事関連に使う出費は自己投資。

 

それに、仕事が忙しいと他のことをする余裕がないのでお金を使わなくなります。

 

 

⑺ 医療費

 


 01 国民健康保険に頼る

 02 運動習慣を身につける

 03 食生活を気をつける

 04 睡眠をしっかりとる

 05 改善より予防に力を入れる

 

 

01 国民健康保険に頼る

国民健康保険以外は加入しない。

保険は安心を買っています。

お金の使い方としては素晴らしいですが、私は国民健康保険のみ。

生命保険や働けなくなった時の保険は入っていません。

 

だからこそ、健康には人一倍気を遣っています。

運動、食事、睡眠で自分の体調をいつも健康状態に保ち、病気やケガのリスクを下げる。

 

 

保険をかけているからといって、安心していませんか?

病気やケガをしたら保険がおりますが、治療の期間は生活の質が著しく落ちます。

保険をかけて健康に気を遣わない生活をするよりも、保険なしで健康第一に暮らしたほうがいい。

 

一番の理想は保険と健康を意識した生活。

でも、20~30代のうちは保険なしでもOK。

 

 

02 運動習慣を身につける

定期的な運動は健康維持に欠かせません。

運動の効果は筋肉を鍛えるだけでなく、全身の血流を促進するので様々なメリットがあります。

 


肩、腰、膝の痛みの予防


汗から老廃物を排出


エネルギー消費と脂肪の燃焼

 

などなど。

 

運動習慣がなくても健康な人がいますが、運動をしたほうがより健康的な体になります。

社会人になり仕事を始めると運動不足になりがち。

意識して体を動かさないと筋肉がどんどん衰えて、体のいたるところに不調が出てきます。

1日15分の体幹トレーニングでもジョギングでも違いが…

 

 

03 食生活を気をつける

私たちの体はほぼ食べたものからできています!

日光を浴びて体がビタミンを生成しますが、ほとんどの栄養は食べたものから補給しています。

 

 

あなたは普段の食事に気を付けていますか?

毎日、オーガニックの野菜や国産和牛を食べることは難しいですが、今よりも健康的な食生活にすることは簡単。

 


添加物や保存料が使われた食品を減らす


塩分、糖分、脂肪分の摂り過ぎに注意する


旬の物を新鮮なうちにいただく

 

できることはたくさんあるはず。

頭では分かっていると、実際に行動に移すのは面倒ですよね。

でもひと手間で体がより健康になると考えれば頑張れるのではないでしょうか。

私はただいま砂糖の量を減らすのに挑戦中です。

 

 

04 睡眠をしっかりとる

十分な睡眠をとり、体の免疫力を最大限にまで高める。

8時間睡眠を目安に体を休めています。

睡眠不足になると、集中力の低下や疲労感が出るので睡眠はとても大切。

 

あなたは何時間睡眠をしていますか?
就寝起床時間はいつも同じですか?

理想の睡眠は人によって様々です。

 

 

私のように8時間寝ないと日中のパフォーマンスが下がる人。

5時間でもバリバリ働ける人。

自分に適した睡眠時間を見つけるには毎日の就寝起床時間とその日の体調をメモしてください。

 

1~3か月もあれば参考になるデータが集まります。

これからの長い人生、体調を崩す日を1日でも少なくして健康に過ごしませんか?

 

 

05 改善よりも予防に力を入れる

改善には痛みと精神的ダメージがあります。

予防のほうが遥かに簡単ですが、かなり面倒。

だから多くの人は風邪の予防をするよりも、風邪を引いてからの治療を選びます。

 

 

風邪を引くとどうなるのか?


仕事を休む

病院に行って薬をもらう

体がだるい、苦しい

1日中寝る

やりたいことはできない

ストレスがたまる、落ち込む

 

負のスパイラルです。

普段から運動、食事、睡眠に気を付ければ予防できます。

 

風邪は1週間あれば回復できますが、糖尿病や高血圧は一度なったら一生付き合わなければなりません。

改善よりも予防に力を入れましょう!

 

 

節約術の基本中の基本

日常でできる工夫はたくさんある

 

3つの基本は、


 ⑴ ムダなものにお金を使わない

 ⑵ 支出を把握する

 ⑶ 広告の誘惑を断つ

 

⑴ ムダなものにお金を使わない

必要以上にお金を払えば、いくら稼いでも足りません。

お金の不安だっていつまでたってもなくならない。

 

使っていないのにお金を払っているサービスはありませんか?

例えば、


家電の保証延長
→ 安心を買っているだけ

スマホの付属サービス
→ サービス内容すら覚えていないかも

スペックの追加
→ ネットの通信速度や車の付属機能

食べ放題
→ 元を取ろうとするのはまず無理

カード会員
→ 会費を払うだけのメリットはあるか

 

余計な物に稼いだお金を使うのはもったいないです。

 

 

生活のあらゆるムダを断捨離しましょう。

物だけでなく不要なサービスもいらないものはすべて。

 

何にどれだけのお金を使っているのかを把握して、ムダがないかを考えます。

誰にでもできる節約術ですね。

必要なものを必要な分だけ、適正価格で買いましょう。

 

 

▶ あえて時間と手間をかける

お金を使わない生活になるだけでなく、健康面にプラスだからです。

外食より自炊。
自転車より徒歩。

 

自炊なら塩分、糖分、脂肪分、さらには味まで自由に調整できます。

外食よりも食費が抑えられるだけでなく健康的。

自転車を使わないなら購入費や維持費、それに駐輪代もいりません。

電動自転車だと足腰が鍛えられないので体は衰えます。

 

時間がかかりますが徒歩で周りの景色を見ながら生活するのもいいですね。

徒歩20分以内にすべて必要なものが揃っているなら徒歩で。

お金以外のメリットがあることは時間と手間をかけましょう。

 

 

⑵ 支出を把握する

ムダな支出が分かれば簡単に節約できます!

自分が何にどれだけのお金を使っているのか把握するのは難しくありません。

家計簿をつけるだけ。

 

家計簿と聞くと、「めんどくさい」「時間がない」「おばちゃんがやることだ」と考えるかもしれませんがそうではありません。

 

1日1分あればできる効果的な節約術。

慣れてきたり、お金を使わない生活になってきたらさらに時間は短縮され30秒でOK。

 

 

ノートに記録してもいいし、パソコンのエクセルを利用するのも便利。

私はエクセルで記帳して、簡単に月の合計金額の算出などをしています。

過去のデータと比べるのが簡単ですし、ムダな支出をすぐに見つけられる。
*家計簿をつけるのに慣れるまでは手書きしていました

 

お金の管理ができていないならすぐに家計簿を書き始めましょう。

 

 

▶ 必要最低限の生活はいくらか?を知る

必要最低金額を知っていれば、お金の使いすぎにすぐに気が付く。

家計簿を活用していくら必要か調べてください。

 

月の支出を計算して、ムダな支出がなかったかを確認。

すると、いくらあれば生活できるのかが分かります。

 

 

家計簿をつけるメリットは、節約の意識を高めてくれること。

しっかりとお金の管理をしていれば、たまに豪遊したってそれほど家計に響きません。

車などの大きな買い物をするのは別ですが。

 

 

私の生活費は月15万円以下。

趣味にお金がかからないし、必要なものだけで暮らしているのでおつりがきます。

生活水準を下げて、たまの贅沢を心から楽しめるようにギャップを作っています。

 

私にとっては1000円分のお菓子を買うことや町のお寿司屋さんで1人前食べることだって贅沢。

あなたも必要最低限の生活費を知って、メリハリのあるお金の使い方をしませんか?

 

 

⑶ 広告の誘惑を断つ

購買意欲を刺激しないようにするためです。

広告を見ると、欲しくないものでも欲しくなりませんか?

欲に勝つのは大変なので戦わないようにしましょう。

 

お得に買えて便利な商品は世の中に腐るほどあります。

何を買うかの基準を「欲しい」ではなく「必要かどうか」にしてください。

 


便利だから

お得だから

いつか使うから

あっても困らないから

 

なんていう理由で買い物をしたらお金は出ていく一方です。

 

 

テレビ、ユーチューブ、街中の看板、チラシなど生活していると毎日のように広告を目にします。

ポイントカードだって広告の1つ。

ちゃんと購買意欲を刺激します。

 

パン屋のポイントが欲しくて余計にパンを買ったことはありませんか?

私はあります。

もう1つ買えばポイントが貯まるのを理由に食べきれない量のパンを買ったことが…

反省しています。

 

これはパン屋だけでなくどのお店でも起こりえる日常的なこと。

広告の誘惑を断ち、必要なものだけを買えばお金を使わない生活ができます。

 

 

まとめ

節約は今の生活の質を下げないで、ムダな出費を減らすこと。

生活の質を下げてまですることはありません。

ムダな出費がないか探してみると、予想以上に見つかります。

 

家計簿はかなり役立ちます。

どの支出を減らせるのか考えてみましょう。

 

 

紹介した35の方法をリストアップします。


 食費の節約
   01 食品ロスを出さない
   02 外食よりも自炊をする
   03 薄味で健康的になる
   04 料理の腕を上げる
   05 理想の体型を目指す

 家賃の節約
   06 引越の回数を減らす
   07 家賃の値引き交渉をする
   08 最適な広さの部屋に住む
   09 敷金が返却されるか確認する
   10 リノベ物件を見つける

 水道光熱費の節約
   11 契約を見直す
   12 家電を減らす
   13 シャワーヘッドを交換する
   14 お米は炊き立てを食べる
   15 シャワーだけにする

 通信費の節約
   16 固定電話を解約する
   17 契約プランを見直す
   18 最新のスマホに買い替えない
   19 ネットはWiFiが使える場所で使う
   20 脱スマホ依存をする

 被服費の節約
   21 コスパのいい服を多用する
   22 洋服を大切に扱う
   23 飽きがこないデザインを選ぶ
   24 アイテムを厳選する
   25 1枚買う時は、1枚捨てた時

 交際費の節約
   26 旅行の時期を選ぶ
   27 旅行計画を立てる
   28 お金のかからない趣味を持つ
   29 結婚式や飲み会の出欠を厳選する
   30 好きなことを仕事にする

 医療費の節約
   31 国民健康保険に頼る
   32 運動習慣を身につける
   33 食生活を気をつける
   34 睡眠をしっかりとる
   35 改善より予防に力を入れる

 

好きなことにできるだけのお金を使って楽しく暮らしませんか?

どれだけお金を浮かせられるかはあなた次第。

ミニマリストの節約術が少しでも役に立てば嬉しいです( `ー´)ノ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログのお気に入り登録よろしくお願いします!
関連記事も合わせて読んでください↓

一人暮らしの食費の節約方法5選!
健康的かつ嫌でもムダ遣いが減る

 

お金の使い道を知らないのは、
稼いだお金を半分以上捨てているのと同じ

 

ミニマリストになりたいなら
モノではなくムダを捨てる【5ステップ】

  |  

ミニマリストようへい

ムダをなくす具体的な方法を発信しています。アメリカ留学5年、プライベートジム経営9年~、毎年の福井旅行5年~、バスケットボール22年~、筋トレ16年~。日本のムダを減らすためにブログを毎日更新中です!

≫ プロフィール詳細

≫ 初めての方へ