もっと物を減らしたい人の8つの間違った考えと正しい知識

もっと物を減らしたい人の8つの間違った考えと正しい知識

閲覧回数:2,621 回 
2020年09月13日(日)

 

物を減らすことでストレスは激減する。
ほぼ無料でできるのに、生活の質は跳ね上がった

by:ようへい

 

片づけを追及して、いらないものがほとんどなくなりました。

必要最低限の物で暮らすことでストレスが激減です。

 

「物の捨て方が分からない」「捨てられない物があると途中でやめてしまう」と悩んでいませんか?

メリットがあると知っていても、やり方が分からないと上手くいかないですよね。

 

物が減らない人は間違った固定概念を持っている…

もっと物を減らしたいあなたに『8つの間違った考えと正しい知識』を紹介します。

正しい知識を学んで、いらないものを捨て、より快適に暮らしましょう!

 

もっと物を減らしたい人の間違った考え

間違った考えは、


 ⑴ 一気に終わらせないとダメ

 ⑵ 持ち物であなたの価値が決まる

 ⑶ できるだけ物を捨てなければいけない

 ⑷ 物を捨てると想い出が消えてしまう

 ⑸ 断捨離はただゴミを増やすだけ

 ⑹ 予算内の欲しいものは手に入れた方が幸せ

 ⑺ いらないものはすべて捨てる

 ⑻ 整理整頓されていれば断捨離しなくていい

 

⑴ 一気に終わらせないとダメ

少しずつでも問題なし

 

一気に終わらせなくても大丈夫です!

断捨離が短期間で終わらなくて嫌になった経験はありませんか?

慣れないことを短期間でできないのは当たり前。

経験値が少なかったらどうやれば効率が良いのか、どれぐらいの時間と労力で終わるのかも分かりませんので。

 

やる気があるうちに一気にできるならOK。

でも、終わらなかった時に「もうやりたくない!面倒くさい!」となります。

 

 

▶ ゲーム感覚で楽しむ

やらなくちゃと感じると楽しく進められないので、ゲーム感覚で気軽にやりましょう。

「1日1アイテムを捨てる」でもいいですし、「10分でいらないものをできるだけ多く見つける」とか楽しみながら進めるのがおすすめです。

 

「そのうちやる」と後回しにしてしまうと一生やらないので、このブログを読み終えたらすぐに始めてください。

すぐに行動するのが成功の秘訣。

 

 

▶ 焦らない

初めての断捨離ですべてのいらないものを手放すのは難しいから。

1度で終わらせたい気持ちは分かりますが、最初は絶対にもう着ない服を選別するだけでもOK。

 

残すか手放すか迷うアイテムがたくさん出てきます。

そんなアイテムは時間を置いてから考えると答えが出る場合がほとんど。

選別する力は徐々に向上するので急ぎすぎないようにしましょう。

 

 

⑵ 持ち物であなたの価値が決まる

時計の値段なんて関係ない

 

何を持っているかであなたの価値は決まりません!

「物を捨ててしまうと、自分じゃなくなる…」と不安になりますが、そんなことはありません。

なぜなら、あなたの存在は所持しているアイテムでは決まらないから。

あなたを決めるのは考え方、性格、何ができるかです。

 

 

▶ 必要なものだけで暮らす

生活で必要のないものはどんどん手放してOK。

捨てる時はためらいますが、いらないものって捨ててみると何を持っていたかすら思い出せないです。

思い出せないアイテムのほとんどは「必要なかった…」ということ。

 

捨てるかどうか迷ったアイテムは大抵の場合、手放すことになるでしょう。

すぐに捨てられなければ、保留です。

半年後にもう1度考えたら、『いる』『いらない』の答えは明確。

その間で1度も使わなかった、もしくはその存在すら忘れていたアイテムはいらないです。

 

 

▶ 高い勉強代だと割り切る

もったいないと思うなら、同じことをくり返さなければいい!

高かった服は手放すのを躊躇しませんか?

たとえ今後、着ないと分かっていても…

 

金額に関わらず『いる』『いらない』で判断です。

失敗は誰でもします。

同じことをくり返さなければ、今後ムダな買い物をしなくなるいい教訓。

高い勉強代だと割り切って、ムダ遣いはこれで最後にしましょう。

 

 

⑶ できるだけ物を捨てなければいけない

必要なものは必要なだけ持つ

 

他人と持ち物の数を競っても意味がありません!

生活に必要なものは人それぞれ。

 

Aさんにとって必要なものはBさんにとっては1度も使ったことのない、不要なものかも。

だから、誰が何をどれだけ持っていようと気にしないでください。

あなたが必要なら、何をいくつ持っていても問題なし。

そのアイテムが安いか高いかも関係ないです。

 

断捨離は「どれだけの物を捨てられるか?」「どれだけ少ないもので生活するか?」を競うことではありません。

 

 

物はあなたの生活を豊かにする道具。

持ち物でその人の個性や性格が表現されるのは面白くありませんか?

他人にどう思われようとも気にせず、お気に入りのアイテムだけを所持して人生を楽しみましょう。

 

 

⑷ 物を捨てると想い出が消えてしまう

大切な記憶は忘れない

 

物がなくなっても過去の記憶はなくなりません!

捨てたとしても、その想い出はあなたの中にいつまでも存在する…

楽しい想い出や苦い想い出はいつまでも忘れないです。

 

写真やホームビデオを捨てられない気持ちはわかります。

捨ててしまったら、もう思い出せないのではないかと不安になるので。

無理に捨てる必要はありません。

データ化してパソコンで保存するだけで部屋がスッキリです。

 

 

▶ 世界に1つだけのもの

想い出の品は1度手放すと、もう2度と手に入らない貴重なもの。

捨てるかどうかの判断はかなり難しいので、断捨離の最後にするのがおすすめ。

私は今まで物を捨てて後悔したことはありません。

物に依存した暮らしをしていないとも言えます。

 

スペースに余裕があるのなら使っていない思い出の品は1か所にまとめて保管するのもOK。

どうしてもスペースを確保しなければならない限り、放置です。

捨てなければいけないなんてルールはありませんので。

 

 

⑸ 断捨離はただゴミを増やすだけ

いらない書類は腐るほどあるはず

 

一時的にゴミは増えますが、これから先のゴミは激減!

いらないものを手放し終えたら、今後は必要なものだけを買うようになるからです。

断捨離の効果を実感したらまた物を増やそうという気にはなりません。

 

 

▶ 自分ルールを決める

「洋服を1枚買う時は、1枚着られなくなって捨てた後」とかルールがしっかりしていれば物は必要以上に増えません。

また、衝動買いをしないように、物欲のコントロールもゴミを増やさないポイント。

リバウンド対策をすればあなたがこれから出すゴミの量は激減して環境に優しいです。

 

 

▶ 必要としている人がいる

あなたのいらないものが、他の人にとっては必要なもの。


 ✔ サイズが合わなくなった

 ✔ 今の自分に似合わなくなった

 ✔ 好みが変わった

 

などの理由で着なくなった服たち。

 

自分が着なくなった服を友達にあげたらとても喜んでくれた経験ありませんか?

相手に喜んでもらえて、ゴミが出ない。

誰も損をしません。

着なくなった服に新たな活躍の場を提供しましょう。

 

⑹ 予算内の欲しいものは手に入れた方が幸せ

必要以上の物の管理は大変

 

必要なものだけで暮らしても幸せ!

欲しいものを手に入れることよりも、家族や友人と楽しい時間を過ごした方が幸せではありませんか?

旅行したり、食事をしたり。

必要以上に物がなくても幸せに暮らせます。

 

 

▶ 物に支配されない暮らし

欲しいものを自由に買えるのは幸せですが、必要以上の物は買えるとしても買わない選択をするべき。

物が増えなければ収納スペースに困らないし、ムダな支出がなくなります。

 

物のために時間、お金、エネルギー、ストレスを消費するのは物に支配された生活です。

本当に必要ならためらわずに購入して、物欲を満たすためだけの衝動買いは避けましょう。

物欲を満たすこと以外で幸せを感じられれば、物に支配された生活をしなくてすみます。

 

 

⑺ いらないものはすべて捨てる

スマホケースなんていらなかった…

 

いらないものを数個持っていても生活に大きな支障は出ません!

ダンボール1個ぐらいの量ならスペースもいらないし、断捨離のメリットは実感できます。

 

物が減った分スペースが広くなる。

生活に必要なものが分かるとムダ遣いが減る。

掃除が早く楽にできるようになりストレスが減る。

このようなメリットはいらないものをすべて捨てなくても実感できます。

 

 

▶ 完璧でなくてもOK

ゆとりがあった方が気楽にできますし、断捨離を始めないことには効果は出ません。

ミニマリストの私はなくても困らないものをいくつか持っています。

大学の成績表とかサインボールとか…

心のゆとりって大切ですよね。

 

 

⑻ 整理整頓されていれば断捨離しなくていい

必要なものを使いやすい位置に
置くのが整理整頓です

 

いらないものをきれいに並べてもあなたにメリットはありません!

必要なものだけをきれいに整理整頓できて、初めて「片づけられた!」と言えます。

 

たとえば、100冊の本をあいうえお順に並べているとします。

頻繁に読み返す本はその中の5冊だけ。

後の本は並べてあるだけでもう3年以上読んでいない本、というか捨てるのがもったいないと思っているだけで実はいらない本たち。

 

必要な5冊だけを並べていたら、探す時間がなくなりませんか?

スペースも広く取れるし、掃除も部屋の模様替えも楽になる。

 

 

シューズボックスにクツが3足しかない場合と、20足もある場合ではどちらが掃除が楽か?

3足しかなければ1分で掃除完了。

20足なら5分以上はかかるかも。

たった1か所で4分の差が出る。

 

家の中に掃除する場所は何十か所もあるので、物が減ると掃除の時間と体力をかなり節約できます。

いらないものはできるだけ手放すべき。

 

 

もっと物を減らしたい人が得られるメリット

25歳で独立
29歳で食べられるようになりました

 

時間、お金、体力、気力をムダにしない!

やりたいことにそのすべてを集中させられる!

やりたいことがあるのに、「時間がない」「お金がない」「疲れてできない」という現状を変えられます。

 

 

私が物を減らし始めたきっかけはミニマリストが書いた本を読んだことでした。

当時は大学生だったので、少しでもムダな支出を抑えて将来のために備えようと考えていました。

社会人になってからは、働き方に疑問を持ち、1日でも早く起業するためにミニマリズムを強化。

自分の生活を見直して、無理なく省けるムダをなくすのは楽しかったです。

 

 

25歳の時に独立して、プライベートジムをオープン。

3年間はほぼ無休&無給で廃業寸前だったのですが、何とか経営を軌道に乗せることに成功しました。
貯金残高が0円に近づいた時はストレスではげるかと…( ゚Д゚)

もし、断捨離に興味がなかったら夢はかなわないまま、挫折していたかもです。

 

 

物を減らすメリットは限りある時間、お金、体力を夢のために使えること。

今の生活に不満や不安を感じている人にとっては、人生を変えられる最高の手段。

お金はかからないし、失うものがないのでノーリスク。

 

もし、夢をまだ見つけられていないとしても、今よりも生活が楽しくなることは間違いなしです。

少しずつでもいいのでいらないものを手放して現状を変えてみませんか?

 

 

まとめ

断捨離の正しい知識を持つと、「捨てられない」はなくなります!

 

8つ知識は、


 ⑴ 一気にやらなくても大丈夫

 ⑵ 持ち物であなたの価値は決まらない

 ⑶ 断捨離は他人と競うものではない

 ⑷ 物を捨てても過去の記憶はなくならない

 ⑸ この先、多くのゴミを減らせる

 ⑹ 必要なものだけで暮らしても幸せ

 ⑺ いらないものが少しあってもOK

 ⑻ 整理整頓は断捨離とは違う

 

何が必要で、何を手放すべきかの判断力を身につけてください。

一気に終わらせようとすると、失敗して終わるだけ。

やるなら早く終わらせたい気持ちは分かりますが、まずは簡単に手放せる物から捨てましょう。

あなたの生活を今より快適にしませんか( `ー´)ノ?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログのお気に入り登録よろしくお願いします!
関連記事も合わせて読んでください↓

服を減らすための『いる』『いらない』
を簡単に見分ける3ステップ

 

ミニマリストになりたいなら
モノではなくムダを捨てる【5ステップ】

 

男性ミニマリストの服は10年以上
過ぎるとこうなる【全19着+α】

  |  

ミニマリストようへい

ムダをなくす具体的な方法を発信しています。アメリカ留学5年、プライベートジム経営9年~、毎年の福井旅行5年~、バスケットボール22年~、筋トレ16年~。日本のムダを減らすためにブログを毎日更新中です!

≫ プロフィール詳細

≫ 初めての方へ