もっと物を減らしたい人の8つの間違った考えと正しい知識

もっと物を減らしたい人の8つの間違った考えと正しい知識

閲覧回数:4,603 回 
2021年02月25日(木)

 

片づけの本質を理解すると、いらないものは手放せる。

by:ようへい

 

こんにちは。

片づけを追及して、いらないものをほぼ持たなくなったようへいです。

 

「何がいらないのか分からない」
「手放せないものがあると途中でやめてしまう」
と悩んでいませんか?

 

メリットがあると知っていても、正しい知識がないと上手くいかないですよね。

 

物が減らない人は間違った固定観念を持っている…

思い通りに片づけられなかった理由です。

 

もっと物を減らしたいあなたに『8つの間違った考えと正しい知識』を紹介します。

正しい知識を学んで、いらないものを手放し、より快適に暮らしましょう!

 

もっと物を減らしたい人の8つの間違った考え

間違った考えは、


 ⑴ 一気に終わらせないとダメ

 ⑵ できるだけ物を減らさないといけない

 ⑶ 物を手放すと想い出が消えてしまう

 ⑷ 持ち物であなたの価値が決まる

 ⑸ 整理整頓されていれば片づけなくていい

 ⑹ 欲しいものは手に入れた方が幸せ

 ⑺ 片づけはただゴミを増やすだけ

 ⑻ 物を減らすのは失うこと

 

⑴ 一気に終わらせないとダメ

少しずつでも問題なし

 

一気に終わらせなくても大丈夫です!

少しずつでも今の生活でいらないものを手放せれば、片づけを最後まで終わらせられます。

 

片づけが短期間で終わらなくて嫌になった経験はありませんか?

慣れないことを短期間でできないのは当たり前。

経験値が少ないと「どうやれば効率が良いのか?」「どれぐらいの時間と労力で終わるのか?」が分からないからです。

 

やる気があるうちに一気にできるならOK。

鉄は熱いうちに打てと言いますし…

でも、終わらなかったら「もうやりたくない!面倒くさい!」となってしまい、当分の間は片づけたくなくなります。

 

 

▶ ゲーム感覚で楽しむ

やらなきゃいけないと感じると楽しく片づけられないので、ゲーム感覚で気軽にやりましょう。

「1日1アイテムを手放す」でもいいですし、「10分でいらないものをできるだけ多く見つける」など楽しみながら進めるのがおすすめ。

 

「そのうちやろう」と後回しにすると一生やらないので、このブログ記事を読み終えたらすぐに始めてください。

すぐに行動するのが成功の秘訣です。

 

 

▶ 焦りは禁物

初めての片づけですべてのいらないものを手放すのは難しいです。

1度で終わらせたい気持ちは分かります。

私もやるならできるだけ早く終わらせたいと考えるタイプの人間なので…

 

でも、最初は絶対にもう着ない服を選別するだけでもOK。

45ℓのゴミ袋1つ分手放せたら大きな成果だと思いませんか?

 

片づけ始めると、『いる』『いらない』を迷うアイテムがたくさん出てきます。

そんなアイテムは時間を置いてから考えると答えが出る場合がほとんど。

スポーツのスキルアップと似ていて、選別をくり返すことで判断力がついてきます。

時間がかかることなので、焦らないようにしましょう。

 

 

⑵ できるだけ物を減らさないといけない

スマホケースなんていらなかった…

 

物の数を減らすために、必要なものまで手放すことはありません!

他人と持ち物の数を競っても無意味です。

生活に必要なものは人それぞれなので。

 

Aさんにとって必要なものはBさんにとって1度も使ったことのない不要なものかもしれません。

だから、『誰が』『何を』『どれだけ』持っていようと気にしないでください。

あなたが必要なら、何をいくつ持っていても問題なし。

そのアイテムが安いか高いかも関係ないです。

 

片づけは
「どれだけの物を手放せるか?」
「どれだけ少ないもので生活するか?」
を競うことではありません。

暮らしをより快適にすることが物を減らす本来の目的です。

 

 

▶ 手放せないものがあってもOK

いらないものをすべて手放さなくても片づけの効果は実感できます。

ゆとりがあったほうが気楽にできますし、片づけを始めないことには効果は出ません。

 

私はなくても困らないもの(手放せないもの)をいくつか持っています。

大学の成績表とかサインボールとか…

収納ボックス1つ分の手放せないものがあっても生活に何も支障はありません。

 

心のゆとりって大切ですよね。

気軽に片づけるためには完璧じゃなくてOK。

 

 

⑶ 物を手放すと想い出が消えてしまう

大切な記憶はいつまでも残る

 

物がなくなっても記憶はなくなりません!

手放したとしても、大切な想い出はいつまでも記憶に残ります。

楽しかったことや勉強になったことは忘れないです。

苦い想い出は鮮明に覚えていますし…

 

写真やホームビデオを捨てられない気持ちはわかります。

手放してしまったら、もう思い出せないのではないかと不安になるので。

だから思い出の品は無理に手放す必要はありません。

データ保存にするだけで部屋がスッキリです。

 

 

▶ 世界に1つだけのもの

私は捨てて後悔したものは今までありませんでした。

いらないものを買ってしまった後悔は何度もありますが…

 

思い出の品は1度手放すと、もう2度と手に入らない貴重なもの。

捨てるかどうかの判断はかなり難しいので、片づけの最後にするのがおすすめです。

 

スペースに余裕があるのなら思い出の品は1か所にまとめて保管するのもOK。

どうしてもスペースを確保しなければならない限り、放置です。

捨てなければいけないなんてルールはありません。

 

 

⑷ 持ち物であなたの価値が決まる

時計の値段なんて関係ない

 

何を持っているかであなたの価値は決まりません!

あなたを決めるのは個性(考え方、性格、何ができるかなど)です。

「物を手放したら自分じゃなくなる…」と不安になりますが、そんなことはありません。

 

物があり過ぎて、必要なものがどこにあるのか分からない…

高級ブランド品を買ったら、生活費が足りなくなった…

なんてことはありませんか?

 

ずっと愛用していた財布がボロボロになったら手放しても問題なし。

友達が驚くような高級品を持っていなくても全然問題なし。

物は私たちの暮らしをより良くしてくれるものであるべきで、悩みの種になってしまったら問題です。

 

 

▶ 必要なものだけで暮らす

今の生活に必要のないものはどんどん手放してOK。

捨てる時はためらいますが、いらないものって捨ててみると何を持っていたかすら思い出せないです。

アイテムのほとんどは「必要なかった…」ということ。

 

捨てるかどうか迷ったアイテムは大抵の場合、手放すことになるでしょう。

すぐに捨てられなければ、保留です。

半年後にもう1度考えたら、『いる』『いらない』の答えは明確。

その間で1度も使わなかった、もしくはその存在すら忘れていたアイテムは確実に『いらない』です。

 

 

▶ 高い勉強代だと割り切る

手放すのがもったいないと思うなら、同じ失敗をくり返さないようにします。

高かった服は手放すのを躊躇しませんか?

たとえ今後、着ないと分かっていても…

 

金額に関わらず『いる』『いらない』で判断です。

失敗は誰でもします。

同じ失敗をくり返さなければ、今後ムダな買い物をしなくなるいい教訓。

高い勉強代だと割り切って、ムダ遣いはこれで最後にしましょう。

 

 

▶ 所持品に資産価値を求めない

手に入れた時点で価値はほぼないといっても過言ではありません。

家や車など資産価値の高いものでも中古になった時点で価値は半分以下。

洋服なんかは10分の1以下の売値になります。

物を買う時は価格が高いものではなく、自分にとって価値の高いものを選ぶべきです。

 

 

⑸ 整理整頓されていれば片づけなくていい

必要なものを使いやすい場所に
置くのが整理整頓

 

いらないものをきれいに並べてもあなたにメリットはありません!

必要なものを使いやすい場所に置いて、初めて「片づけられた!」と言えます。

 

 

▶ スペースにゆとりができる

たとえば、本棚に100冊の本が並べられているとします。

よく読む本はその中の5冊だけ。

あとの本は捨てるのがもったいなくて、並べてあるだけの実はいらない本たち。

必要な5冊だけにしたら、スペースにゆとりができ、読みたい本を探す時間がなくなります

 

 

▶ 掃除が圧倒的に楽

シューズボックスにクツが3足しかない場合と、20足もある場合ではどちらが掃除が楽か?

3足しかなければ1分で掃除完了。

20足なら5分以上はかかるかも。

たった1か所で4分の差が出ます。

 

家で掃除する場所は何十か所もあるので、物が減ると掃除の時間と体力をかなり節約できます。

いらないものはできるだけ手放すべき。

 

 

⑹ 欲しいものは手に入れた方が幸せ

必要以上の物の管理は大変

 

欲しいものを手に入れることよりも、家族や友人と楽しい時間を過ごした方が幸せではありませんか?

旅行したり、食事をしたり。

 

物欲が満たされると一時的にとても嬉しくなるのは確かです。

でも、必要以上の物(欲しいもの)を手に入れても幸福度は変わりません。

少なくても私はそう感じました。

 

必要以上に物がなくても幸せに暮らせます。

言い換えると、いらないものは持たないほうが幸せということ。

 

 

▶ 物に支配されない暮らし

欲しいものを何でも買えるのは幸せですが、必要以上の物は買えるとしても買わない選択をするべき。

物が増えなければ収納スペースに困らないし、ムダな支出がなくなるからです。

経済力のある人からすれば貧乏人の戯言かもしれませんね( ゚Д゚)

 

物のために時間、お金、エネルギー、ストレスを消費するのは物に支配された生活です。

『欲しいもの』と『必要なもの』の線引きを明確にしましょう。

 

本当に必要なら購入して、物欲を満たすためだけの衝動買いは避ける。

必要なものを手に入れて物欲を満たすのが理想です。

物欲を満たすこと以外で幸せを感じられると、物に支配された生活から抜け出せます。

 

 

⑺ 片づけはただゴミを増やすだけ

いらない書類は腐るほどあるはず

 

一時的にゴミはたくさん出ますが、これから先のゴミは激減!

いらないものを手放し終えたら、今後は必要なものだけを買うようになるからです。

片づけの効果を実感したらまた物を増やそうという気にはなりません。

たくさんの物を捨てるのはもったいないと感じるなら、同じ失敗をくり返さないようにするだけです。

 

私はムダ遣いをしなくなって、物を今まで以上に大切にするようになりました。

家庭ゴミの量は激減です。

お金と時間の節約ができるうえに、環境に優しい人になるので社会貢献もできます。

 

 

▶ 自分ルールを決める

「洋服を1枚買う時は、1枚着られなくなって手放した後」とかルールがしっかりしていれば物は必要以上に増えません。

また、衝動買いをしないように物欲のコントロールもゴミを増やさないポイント。

リバウンド対策をすると、あなたがこれから出すゴミの量は激減して環境に優しいです。

 

 

▶ 必要としている人がいる

あなたのいらないものが、他の人にとっては必要なものかもしれません。


 ・ サイズが合わなくなった
 ・ 今の自分に似合わなくなった
 ・ 好みが変わった


などの理由で使わなくなったものたち。

 

自分が使わなくなったものを友達にあげたらとても喜んでくれた経験ありませんか?

相手に喜んでもらえて、ゴミが出ない。

誰も損をしません。

使わなくなったものに新たな活躍の場を提供しましょう。

 

 

▶ メルカリ

いらないものを売り買いできる便利なサイトです。

スマホを買い替えた際にもらったiPhoneの箱が2,000円で売れました。

カバンの付属品の肩かけひもが3,500円で売れました。

 

まったく使わないものでも他の人が必要としていると実感した貴重な経験です。

手間はかかりますが、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりました。

面倒ならリサイクルショップでまとめ買いしてもらうのもあり。

 

 

⑻ 物を減らすのは失うこと

いらないものを手放すのは
あなたにとって大きなプラス

 

片づけで物を減らすのは『失うこと』ではなく『得ること』です。

いらなくなったものはあなたから時間、お金、エネルギー、スペースを奪い続けています。

 

実際に物が減ると失った気分になりませんか?

最初は私も失った気分になりました。

なんだか寂しい気分です。

でもその後に奪われていた時間、お金、エネルギー、スペースを取り戻せたと実感できました。

 

 

▶ クツ

おしゃれを楽しむために持っていたクツを3足手放しました。

普段はスニーカーを履き、スーツを着る時だけ黒の革靴を履いています。

1足ずつしかないので何を履くか迷いません。

 

おしゃれをするのが一番の楽しみならクツを何足持っていようとOK。

私のように、『おしゃれをしたい < 迷いたくない』なら数を少なくするのもありです。

 

 

▶ ポイントカード

ポイントカードは持っていません。

財布がかさばらないし、ポイントが失効して損をした気分にもならない。

それに、お得に買い物ができるからと衝動買いすることはなくなりました。

 

上手に使えば得なのは間違いありませんが、本当に必要なものだけを買ってポイントを使える人は少ないです。

ほとんどの人はポイント欲しさに余計なものまで買っています。

 

 

物を減らすことは得ること!

幸せな暮らしにつながるのは物よりも見えないものです。

いらないものを手放して奪われている時間、お金、エネルギー、スペースを取り戻しませんか?

 

 

もっと物を減らしたい人が得られるメリット

25歳で独立
29歳で食べられるようになりました

 

時間、お金、体力、気力をムダにしない!
やりたいことにそのすべてを集中できる!

 

やりたいことがあるのに、
「時間がない」
「お金がない」
「疲れてできない」
という現状を変えられます。

 

 

私が物を減らし始めたきっかけはミニマリストが書いた本を読んだことでした。

当時は大学生だったので、少しでもムダな支出を抑えて将来のために備えようと始めました。

 

社会人になってから働き方に疑問を持ち、1日でも早く起業するためにミニマリズムを強化。

自分の生活を見直して、無理なくムダをなくすのは楽しかったです。

 

 

25歳の時に独立して、プライベートジムをオープン。

3年間は無休&無給で廃業寸前だったのですが、何とか経営を軌道に乗せることに成功しました。
貯金残高が0円に近づいた時はストレスでハゲるかと…( ゚Д゚)

もし、ミニマリズムに興味がなかったら夢はかなわないまま挫折していたかもです。

 

 

物を減らすメリットは限りある時間、お金、体力を夢のために使えること。

今の生活に不満や不安を感じている人にとっては、人生を変えられる最高の手段。

お金はかからないし、失うものがないのでノーリスクです。

 

もし、夢がまだはっきりしていなくても、今より生活が楽しくなるのは間違いなしです。

少しずつでもいらないものを手放して現状を変えませんか?

 

 

まとめ

片づけの正しい知識を持つと、『もっと物を減らしたい』が実現できます!

 

紹介した片づけの正しい知識は、


 ⑴ 一気にやらなくても大丈夫

 ⑵ 片づけは他人と競うものではない

 ⑶ 物を手放しても記憶はなくならない

 ⑷ あなたの価値を決めるのは個性

 ⑸ 整理整頓はいらないものを手放してから

 ⑹ 必要なものだけで暮らしても幸せ

 ⑺ この先、多くのゴミを減らせる

 ⑻ 物を手放すのは得ること

 

何が必要で、何を手放すべきかの判断力は少しずつ鍛えられていきます。

一気に終わらせようとすると、失敗して終わるだけ。

 

やるなら早く終わらせたい気持ちは分かりますが、まずは簡単に手放せるものから取り組みましょう。

片づけであなたの生活を今より快適にしませんか( `ー´)ノ?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログのお気に入り登録よろしくお願いします!
関連記事も合わせて読んでください↓

服を減らすための『いる』『いらない』
を簡単に見分ける3ステップ

 

ミニマリストになりたい人の5ステップ
【モノではなくムダを捨てる】

 

男性ミニマリストの服は10年以上
過ぎるとこうなる【全20着+α】

 

Twitter

  |  

ようへい

日本の食品ロス削減

困っている人の支援
をするために
ムダをなくす具体的な方法
を発信しています

≫ ブログのコンセプト

 

バスケ好きの35歳
アメリカ留学したことがあり、
現在はプライベートジムを経営中

自分が決めたことは
最後までやり通したい性格

≫ ようへいのプロフィール