リバウンドしない片づけの最も重要な3ステップ!10年後もスッキリ

リバウンドしない片づけの最も重要な3ステップ!10年後もスッキリ

閲覧回数:7,637 回 
2021年03月18日(木)

 

根本的な解決をしない限り、同じ失敗をくり返す。
リバウンド対策をすると、今回が本当に最後の片づけ。

by:ようへい

 

こんにちは。

2019年、服を1枚も買わなかったようへいです。

2020年はスラックスを1本買い替えました。

 


気に入って買ったけど1度も使わなかった

デザインが今の時代に合わなくなった

実際に着てみたら好きじゃなかった

いらないものを捨てたのにまた物でいっぱい


あなたはそんな経験がありますか?

10~20代だとしても、少なくて2回はあるはず…

 

リバウンド対策をすると片づけの効果がいつまでも続きます。

*お金、時間、エネルギー、スペースのムダがなくなり、暮らしのストレス激減

 

その理由は、必要なものを必要なだけ買えるようになるから。

片づけた後に、片づける前の状態に戻るのは、余計なものを買い続けているということです。

いらないものにお金を使うのはもったいなくありませんか?

 

片づけの効果が半永久に続く『リバウンドしない片づけ』を解説します。

*衣類を具体例として話を進めていきますが、他のすべての物も基本的な考えは同じです

 

リバウンドしない片づけで10年後もスッキリ

 

▶ リバウンドとは

片づける以前の状態に戻ってしまうこと。

ダイエットでよく使われる言葉で、痩せた後にまた太ることですね。

 

いらないものを捨てたのに、部屋の中がまた元の状態に戻るのもリバウンド。

ムダな買い物を続けています。

 

せっかく時間をかけて片づけたのに、またくり返すのは嫌じゃないですか?

 

 

▶ リバウンド対策は最も重要

やらないと、物が増える無限ループが続きます!

衣類だけでなくすべての持ち物に共通。

ですが、対策をするともう2度と大がかりな片づけは必要ありません。

『お金、時間、エネルギー、スペースのムダがなくなる』という片づけの効果がずっと続きます。

 

 

リバウンドしない片づけの最も重要な3ステップ

 

リバウンドしないための3ステップは、


 ⑴ 持ち物をリストアップする

 ⑵ 物の定位置を決める

 ⑶ 2つのルールを死守する

 

⑴ 持ち物をリストアップする

厳選したアイテムのみ

 

今の暮らしに『何』が『いくつ』必要なのかをひと目で確認できるようにするためです。

必要なものを必要なだけ買えるようになって、片づけの効果がいつまでも持続します。

私は持ち物リストを収納の内側に貼り付けました。

 

すべての持ち物をカテゴリー別に分かりやすくリストアップしてください。

手書きだと記憶しやすく、パソコンだとデータ修正が簡単。

やり方は自由です。

 

例として私のクローゼットの中身を紹介します。


トップス×9
Tシャツ×3、ポロシャツ×1、シャツ×1、セーター(薄)×1、ベスト×1、セーター(厚)×1、ダウンジャケット×1

ボトムス・スニーカー×4
スラックス×2、ショーツ×1、スニーカー×1

アンダー×16
エアリズム×3、ヒートテック上×3、ヒートテック下×1、アンダーウェア×3、ショートソックス×3、ロングソックス×3

スーツ×9
スーツ×1、Yシャツ×2、ネクタイ×2、ソックス×1、革靴×1、ベルト×1

小物アイテム×6
メガネ×1、腕時計×2、結婚指輪×1、マフラー×1、手袋×1

持ち物は全44ケ

 

このように普段の暮らしで『何』を『いくつ』使っていて、必要なものはすべて持っていると分かると物欲を抑えられます。

リストにそれぞれのアイテムを所有する理由を書き添えるとより効果的。

他の持ち物は、ようへいの持ち物リストで紹介しています。

 

 

⑵ 物の定位置を決める

 

探しものをする時間がなくなります。

片づけは使ったら元の位置に戻すだけと超簡単。

すべての持ち物がムダな動作なしで手に取れるのが理想の定位置です。

 

完璧を求めるときりがないので、使いづらくなければOK。

何が、どこに、いくつあるのかを分かりやすくするのがゴールです。

*重ねて収納すると取り出しにくいので、並べるのがおすすめ

 

手順1:関連アイテムをまとめる

まとめると定位置が覚えやすいし、使いやすいです。

Tシャツのゾーン、アンダーウェアのゾーン、小物のゾーン…

 

 

手順2:使う頻度を考える

よく使う衣類を優先して取り出しやすい位置にします。

頻繁に使うアイテムが取りづらかったら面倒ですよね?

 

私は夏だとTシャツ、スラックス、アンダーパンツ、ソックスをクローゼットから出し入れします。

どのアイテムも立ったまま、すぐ手に取れるようにしました。

 

「どれくらい頻繁に使うか?」
「ムダな動作はないか?」
を意識すると定位置が絞られてきます。

 

 

手順3:定位置を覚える

使った衣類を元の位置に戻せば絶対に散らかりません。

忘れるかもと不安ならスマホで撮影してください。

覚えたら写真データは消去してOK。

 

必要なものを厳選するとアイテム数は激減するので簡単に覚えられます。

物の定位置を決めるとムダがなくなり、快適。

衣類だけなら1時間ですべての定位置を決められます。

 

実際に使って、使いづらいところはアレンジしてください。

必要な時にムダな動作なしで手に取れる定位置を見つけましょう!

 

 

▶ 気軽にアレンジ

実際に暮らすと想像とは違って使いづらかったりします。

 

使い勝手が悪いならムダな動きが発生中。

より適した位置を考えて、時間と動作のムダをなくしましょう。

 

新入りが来たら必ず定位置を決めます。

新入りの住所不定はクローゼットが散らかる原因。

1アイテムなら1分以内で終わる。

 

必要であれば定位置のアレンジやスペースの確保をしてください。

服が少なければ衣替えしないので、配置は1年を通して同じです。

私は衣替えをしません。

 

 

⑶ 2つのルールを死守する


 A 1つ買うなら、1つ手放す

 B 使ったら、元の位置に戻す

 

A 1つ買うなら、1つ手放す

このルールが守れると、絶対に物が増えません。

単純ですが、実行するのが意外と難しいです。

 

B 使ったら、元の位置に戻す

このルールが守れると、絶対に散らかりません。

片づけた後のきれいでスッキリした状態を維持できます。

 

 

シンプルで強力な2つのルールです。

言うのは簡単ですが、実際にやるのはかなり難しいのがリバウンド対策です。

 

生活の変化と共に本当に必要なものだけで暮らすのが理想。

でも、またいらないものを所有してしまうことがあります。

物に支配された暮らしに戻らないためには次の段落で紹介する2つのポイントを頭に叩き込まなければなりません。

 

 

▶ 片づけとリバウンド対策は自分でする

人任せだとリバウンドするのは目に見えています。

自分で片づけてみて、その大変さや効果を実感するのがとても大切。

やったことがなかったら、問題が起きた時にどうしていいのか分かりませんよね?

 

片づけ代行業者に任せたら、1週間後にはまた元の状態に戻っているはず。

片づけの目的や方法を学んで、自分でやると効果が持続します。

『捨てる→買う→捨てる』のような負のサイクルだとお金と時間がいくらあっても足りません。

 

片づけの効果を半永久的に続かせるには自分で片づけて、自分でリバウンド対策です!

 

リバウンドしない片づけの2つのポイント

 

2つのポイントは、


 ⑴ 物欲をコントロールする

 ⑵ やりたいことを見つける

 

⑴ 物欲をコントロールする


 A なぜ、物が欲しくなるのかを知る

 B 使っている持ち物に感謝する

 

A なぜ、物が欲しくなるのかを知る

 

▶ 物欲を満たしたいから

物が欲しくなるのは物欲が満たされた時の刺激を求めているからです。

『買う→満たされる→もっと欲しい→買う』の無限ループが続いて物が増えてしまいました。

 

 

▶ 自己主張したいから

人に良く思われたいと誰も考えるのは当たり前ですが、物に頼り過ぎると物が増え続けます。

どんな人かを本当に表すのは個性、つまり内面。

 

高い車に乗っていればたくさん稼いでいることがひと目でわかる。

車が好きで好きで仕方がなくて高い車に乗っている人は意外と少ない。

ほとんどの人は持ち物で自分の価値を手っ取り早く伝えたいのです。

 

 

▶ 『たくさん=豊か』だと勘違いしているから

物が多いと見た目が豊か。

消費社会に飲み込まれている私たちは、たくさんは豊かさの象徴だと思って育ちました。

大きな家、豪華な食事、何でも欲しいものが買える経済力…

 

少ないより、多いほうがいい。

小さいより、大きいほうがいい。

 

でも豊かさの根源は『気持ち』です。

幸せな人生を送れているかは物の数や経済力だけでは決まりません。

今ある暮らしがとても幸せであることを認識できない限り、欲求が満たされないです。

 

 

上記の3つの理由で足りないものを手に入れたくなります。

振り返ってみると、物が欲しくてたまらない時は必ず3つの理由に当てはまっていました。

あなたはどうですか?

 

欲しいものを手に入れて一時的に欲を満たすと幸せを感じられるのは確か。

でも、満たされた暮らしは物を買うことでは絶対に手に入りません。

 

 

B 使っている持ち物に感謝する

快適な暮らしを日々サポートしてくれているものに感謝する。

今ある生活が幸せであることを再確認できると持ち物を大切にしようと思うので、衝動買い防止の効果があります。

 

普段何気なく使っているスマホでどれだけ暮らしが便利になったでしょうか。

いつでも家族や友人と連絡ができて、調べたいことがあれば気軽に調べられる。

 

依存するのは良くないですが、暮らしが快適になったのは確かです。

スマホなんて持っていて当たり前と思ってしまいますが、こんな便利な道具を使える生活に感謝します。

 

足りないものを求めているうちは物欲は尽きません。

今あるもので快適に暮らせていることを再確認して、物に感謝しましょう。

 

 

⑵ やりたいことを見つける

やりたいことが見つかって、夢中になって取り組み始めたら物欲をコントロールするのは簡単です。

なぜなら、物を手にすることでは決して得られないものが手に入るから。

安心感、人望や信頼、満足感は物欲を満たすことでは絶対に手に入らないのです。

 

「どんな人生を送りたいのか?」
夢中になるほど好きなことは何か?」
を自分に問いかけます。

 

 

▶ やりたいことに必要なものは多くはない

何がしたいのか?がはっきりすると何が必要かが明確になります。

やりたいことに取り組める必要最小限のもので暮らすようになるでしょう。

必要以上の物は時間、お金、エネルギーを奪うので。

 

反対にやりたいことを見失うと、何が必要かが分かりにくくなるので注意です。

他のことが目に入らないぐらい夢中になれることを見つけましょう。

時間をかけてでも探すべきですし、必死になって探せば1つは見つかります。

 

 

片づけで起きたあなたの心の変化をずっとそのままにするのは大変。

やりたいことに夢中になり、使っている持ち物に感謝できれば、もう2度と物に支配された暮らしには戻りません。

買っては捨てるをくり返さないように何が大切なのかを忘れないでください。

 

 

リバウンドしないための服を買う6つのポイント

 

6つのポイントは、


 ⑴ シンプルなデザインを選ぶ

 ⑵ 自分の体に合ったサイズを買う

 ⑶ コスパを考える

 ⑷ 他人の目を気にしない

 ⑸ 試着=買う、ではない

 ⑹ 衝動買いをしない

 

⑴ シンプルなデザインを選ぶ

デザインが斬新なものはシンプルなものより飽きやすい。

デザインが好きで着られなくなるまで着るとかなら問題なし。

でも、飽きたという理由で処分するのはもったいない。

おしゃれを楽しむために服を買って、飽きたらすぐに手放すはダメです。

 

私は何でもできるだけ長く大切に使いたい人。

服なら100~300回と着たい。

コートなどのアウターは一生着られます。

 

シンプルなデザインを選んで、できるだけ長く使いましょう。

 

 

⑵ 自分の体に合ったサイズを買う

欲しいものでもサイズがなければ我慢。

どんなに欲しい服でも小さすぎや大きすぎだと着なくなるから。

サイズが合わない時は『買わない』と割り切るのも大切です。

 

1度、サイズの合わないベルトをどうしても欲しくて買った経験がありました。

一生使えるデザインと品質のベルトをネットで下調べしてお店へ。

お目当てのベルトはあったのですが、私のサイズは小さすぎて生産していないとのこと。

 

事前に電話して聞けばよかった…

工場に手直しを発注すれば長さを調整してくれるので買うことに。

筋トレをして少し太ったし、今は問題なく使用できます。

 

その失敗をして以来、サイズ違いはどんなに欲しくても買いません。

 

 

⑶ コスパを考える

値段×耐用年数×満足度=コスパ

財布やキーケースと違って服の消耗は早いです。

どんなに大切に着ても、Tシャツなら5年で着られなくなる。

着る頻度と用途によっては1年でダメになることも。

 

▶ 無印良品の無地のTシャツ

 

私が愛用しているコスパ大満足のTシャツは1,000円。

無地だから飽きないし、3日に1度着ても3年は着られます!

*3年着ると色落ちが目立つ

 

1枚のTシャツを3年で365日着る計算ですから、1,000円÷365日で1日2.74円!

まぁ、安いですね。

 

 

▶ ナイキのスニーカー

 

今持っているエアフォースはほぼ毎日履きます。

350日は履く。

アウトソールの部分が摩耗して穴が開くまでに3年ぐらいですので、10,800円÷1050日で1日10.3円!

 

ただ定番商品なので履いている人は多いのが難点。

使っている人を見ると「あっ、かぶった」と思う…

 

頻繁に買い替えるアイテムこそコスパを意識します。

 

 

⑷ 他人の目を気にしない

他人にどう見られるか  自分の満足度

人は他人のファッションにそれほど興味がありません。

 

家族、友人、恋人などのファッションは気にすることはある。

でも、知らない人のファッションを気にするのはアパレル業界の人ぐらいでは?

 

他人におしゃれと思われたい気持ちは誰でもあります。

それよりも重要なのが『自分の満足度』というのが私の考え。

他人にどう思われるかよりも、まず自分が好きかどうかを大切にします。

 

 

⑸ 試着=買う、ではない

「丁寧に接客してもらっているから買わないと申し訳ない…」

そんな気持ちは押し殺して『買わない』選択をしましょう。

必要のないものを衝動買いするのは、あなたにとって価値のない商品に時間とお金を使ったということ。

 

試着したらそれほど好きな服でなくても買う人がいます。

買った服を大切に着続けるならOK。

でも、結局何回も着ないまま処分なんてもったいない。

その時間とお金は買い物を楽しむために使ったと言えます。

 

試着した後に断るのは悪いことじゃないです。

 

 

⑹ 衝動買いをしない

衝動買いしたほとんどのアイテムは使わないまま売ったり、捨てたりします。

「ついでにこれも買おう」
「デザインに一目ぼれした」
みたいな理由で買うのはNGです。

あなたは今まで衝動買いしたアイテムを大事に使った記憶がありますか?

 

買い物は楽しい。

見れば欲しくなる商品は世の中いくらでもあります。

 

ウィンドウショッピングを1回したら少なくても1アイテムは欲しいと思うはず。

その度に衝動買いをしたら時間とお金がいくらあっても足りません。

 

「時間がない」
「お金がない」
と言っている人に限って衝動買いしていませんか?

 

 

 欲しい気持ちを寝かせる

購買熱が冷めます。

欲しくてもその時は買わないで、1ヶ月後にまだ欲しいなら購入する。

私は欲しくても必要なければ『買う』という選択肢がありません。

できるなら必要になるまで我慢です。

 

 

リバウンド対策の経済効果は1,000万円以上

夏の定番スタイル

 

▶ アイテムが少ない=維持費が少ない

当たり前。

片づけて、自分に必要な服やその他の生活必需品を知るだけでも計り知れないほどの時間とお金を節約できます!

 

自信を持って片づけをおすすめする理由がこれ。

時間と気力がいりますが、今後に節約できる時間と気力を考えると微々たるものです。

しかもほぼタダでできるってところが魅力。

 

 

▶ 1アイテムだけで年間2万円の差

Tシャツ1枚を1年、または3年で買い替える場合を比べると前者は単純計算で予算は3倍。

もしそれが4人家族なら3×4人で12倍。

 

たった1アイテムで年間1万円ですむところを3万円払うことになればその差は2万円にもなります。

リバウンド対策の効果は絶大。

 

 

▶ 物の価値は値段じゃない

1枚1万円以上のTシャツをセレクトショップで買ったことありました。

そんな私が今愛用しているのは無印良品の1,000円のTシャツ。

コスパを考えると圧倒的に満足度が高いのは1,000円のTシャツです。

 

いらないものを手放して自分が本当に好きなものを知る。

必要なものの数を知る。

そうすれば、どれだけのムダ遣いを減らせるでしょうか?

普段の生活でムダな買い物をしているなら一生涯で1000万円以上の節約ができるかもしれません。

 

 

まとめ

片づけの効果を半永久に続かせるためには、自分で片づけて、自分でリバウンド対策をしましょう!

必要以上に買わないのが最も有効なリバウンド対策です。

 

リバウンドしないためには、


持ち物リストを作る

物の置き場所を決める

2つのルールを死守する:
➀ 1つ買うなら、1つ手放す
➁ 使ったら元に戻す

物欲をコントロールする

自分のやりたいことを見つける

 

買い物の6つのポイントは、


 ⑴ シンプルなデザインを選ぶ

 ⑵ 自分の体に合ったサイズを買う

 ⑶ コスパを考える

 ⑷ 他人の目を気にしない

 ⑸ 試着=買う、ではない

 ⑹ 衝動買いをしない

 

せっかく時間をかけていらないものを手放したので、同じ失敗をくり返さないようにします。

今、しっかりとリバウンドしないためにできることをする。

早くすればするほど、これから先のムダが減ります。

 

自分に必要なものとその数を知ってからは余計な買い物をしなくなりました!

貴重な時間とお金をいつまでムダに使い続けますか( `ー´)ノ?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログのお気に入り登録よろしくお願いします!
関連記事も合わせて読んでください↓

衝動買いを抑える方法:値段で選ばなく
なるほど節約効果が絶大の7つ

 

男性ミニマリストの服は10年以上
過ぎるとこうなる!【全20着+α】

 

片づけのメリットは想像を遥かに
超えていた…暮らしが激変する理由

 

Twitter

  |