ガリガリでも筋トレを17年続けて実感している7つの意外なメリット

ガリガリでも筋トレを17年続けて実感している7つの意外なメリット

閲覧回数:3,757 回 
2020年10月14日(水)

 

筋トレの効果が表れるまで時間がかかることがある。
目に見えないこともある。
だけど、努力と継続した分だけ必ず自分に返ってくる

by:ようへい

 

アメリカでスポーツ医学を学んだアスレティックトレーナーのようへいです。

 

「筋トレって誰にでも効果ある?」と気になっていませんか?

その答えは、「はい、誰にでも効果があります!

筋肉がつきにくい、つきやすいは個人差がありますが体が細い人でも問題なし。

*最初の1ヶ月で体の嬉しい変化を実感できます

 

ガリガリだった私が筋トレを続けて実感した『7つのメリット』を知ると、筋トレが苦手な人でもやってみたくなります。

これから始めたい人、なかなか続かない人は必読。

『効果を出すために最も重要なこと』はブログ後半で解説します。

 

ガリガリ×筋トレの基礎知識

体の線が細くても、骨太じゃなくても、筋トレが苦手でも努力をすれば筋力アップやがっちりした体を手に入れられます。

 

体質的に筋肉がつきにくいので、人一倍努力をしてやっと結果が出るのは変えられない事実。

身長を自由に伸ばせないのと同じで、筋肉がつきにくい体質を変えることはできません。

 

結果が出にくいうえに時間がかかるという残酷な事実を知ったうえで、効果を最大限に引き出すために正しい筋トレの知識をつけましょう。

 


 ⑴ 超回復をフル活用する

 ⑵ 大きい筋肉を中心に鍛える

 ⑶ 食生活の改善をする

⑴ 超回復をフル活用する

 

超回復とは筋トレをした後(48~72時間後)、筋肉が一番強くなっている期間。

筋トレの負荷や個人の回復能力によって超回復の時間は異なります。

超回復をフル活用して、筋トレを継続すると右肩上がりに筋肉がついて効率的に結果を出せます。

 

結果を少しでも早く出すために毎日筋トレをしたいと考えるかもしれませんが、それは逆効果

筋肉が回復しないうちに筋トレをしてしまうと、筋力はつきません。

最悪の場合は、オーバートレーニングといって筋肉に負荷がかかり過ぎて肉離れをします。

肉離れをすると、元の状態に戻すまでに最低でも2ヶ月かかるので注意してください。

 

トレーニングの頻度は週2~3回が目安。

トレーニング初心者ならまずは週2回から始めて、体を慣れさせることから始めます。

10回3セットから始めて、12回6セットを目指していきましょう。

 

 

⑵ 大きい筋肉を中心に鍛える

スクワットが最も効率的

 

ガリガリの人でも筋肉がつくのが分かりやすく、筋トレが楽しくなります。

スクワットで太もも(大腿四頭筋)を鍛える。

ベンチプレスでむね(大胸筋)を鍛える。

大腿四頭筋と大胸筋は大きい筋肉の代表です。

 

体がどんなに細くても力が弱くても、正しくトレーニングをすれば結果は必ず出ます。

筋肉がつきにくいというハンデがありますが、1ヶ月でも体が変化する。

 

 

▶ もやしと呼ばれていた高校時代

私は大学1年生で筋トレを始めました。

アメリカに留学していて、バスケの時に少しでも当たり負けしないようにするために…

 

始めたては結果が分かりやすい。

より重いものを持てるようになるし、筋肉が少し太くなります。

 

大きい筋肉を鍛えて効果を実感し、楽しく続けられるようにするのがポイント。

 

 

⑶ 食生活の改善をする

とり肉は高タンパク

 

どんなに素晴らしいトレーニングをこなしても、栄養不足だと筋肉はつきません。

ガリガリなのは体質でもありますが、たくさん食べられないことも原因ではありませんか?

 

私はたくさんは食べられないので、高タンパクで高ビタミンの食事を意識しました。

食べる量も少しずつ増やして筋トレを続けた結果、体脂肪率はそのまま9キロ増加することに成功!

 

無理して食べることもあったのでお腹を壊したことが何度もありましたが、挫けずに食べ続けました。

今はお腹を下すことなく、必要なだけの量を食べています。

 

 

▶ 食事の影響は大

筋トレの効果を出す→【筋トレ:食事=1:1】

筋トレのほうが遥かに重要だと考えていたかもしれませんが、実は食事が占める割合は意外と大きいです。

できるだけ食べるようにして体を大きくすると筋力も比例して強くなります。

 

ある程度筋力をつけたら、余分な脂肪を燃焼させましょう。

脂肪をつけないように筋力をつけるのは時間がかかるので、体脂肪を気にせずモリモリ食べるのがおすすめ。

 

ガリガリの人が食べられる量は知れていますから、食べ過ぎたと感じるぐらいがちょうどいいです。

 

 

ガリガリでも筋トレで実感している7つのメリット

週2回、17年継続中

 

実感している筋トレのメリットは、


 ⑴ 体調不良が激減

 ⑵ お腹を下さなくなる

 ⑶ 肩こりや腰痛の予防 

 ⑷ 体の変化が楽しい

 ⑸ おしゃれな体になる

 ⑹ スポーツ中のケガのリスクが下がる

 ⑺ ストレス解消

 

⑴ 体調不良が激減

毎日を健康で過ごしたい

 

筋トレの効果を最大限引き出すために食事や睡眠に気をつけるから。

 

食事内容はトレーニングと同じぐらい大切。

体力や集中力がないと、力が出ないので十分な睡眠も必要。

高タンパクでビタミン豊富な食事を摂るようになり、8時間睡眠を目指して早く寝るようになりました。

 

食事と睡眠を改善してからは、

 
風邪を引かない

お腹を下さない

倦怠感なし

 

さらに、お金と時間の節約に。


お菓子を買わなくなった

牛肉よりも鶏肉を食べるようになって
食費が下がった

具合が悪くて、
何もできない時間がなくなった

 

いかに効率良く筋トレの効果を出すかを考えると、食事と睡眠が改善され、体調を崩さなくなります。

 

 

▶ やりたいことを楽しむには健康維持

体調が優れなかったら、やりたいことができません。

休日は疲れた体を休めるだけで終わってしまう…

そんな生活を定年まで続けるのは嫌じゃないですか?

 

1度きりの人生、やりたいことを楽しみたい。

食事、睡眠、筋トレの意識が変われば、健康は維持できます。

 

 

⑵ お腹を下さなくなる

生魚を食べても大丈夫になった

 

*⑴とかぶりますが、お腹が下しやすくて悩んでいる人は多いと思ったので1つとしてカウントしました

 

エネルギーの消費と食事の改善で消化吸収が良くなります。

毎週1回はお腹を下していた私がお腹を下さなくなりました!

なぜか土曜日はトイレにこもるのが多かったです( ゚Д゚)

 

この3年はお腹を下した記憶がありません。

それ以前も食事には気を使っていましたが、大切なのは体を動かすことでした。

 

 

▶ 運動不足になっていませんか?

社会人になって仕事が忙しくなると、どうしても運動量が減ります。

筋トレをしなくても健康ならいいですが、私のような体質の人間は体を動かして健康を保つのが理想。

 

食事に気を使っているのにどうしても体調が良くならないなら、筋トレです。

気軽にできることから始めて徐々に負荷をかけましょう!

 

 

⑶ 肩こりや腰痛の予防

筋力がつけば体は丈夫になる

 

体にかかる負担を最小限に抑えられます。

筋力がつくだけでなく、体幹部が鍛えられて正しい姿勢を維持。

 

アスレティックトレーナーの私は100人以上にトレーニング指導をしてきました。

肩こりや腰痛持ちの方の8割は筋トレで改善するのを実証済み。

 

鍛えることで予防、または改善される症状は放置しないようにしましょう。

 

 

▶ 放置するとどうなる?

生活に支障が出るほどの痛みがあれば、多くの時間とお金を浪費。

お医者さんに診てもらい、湿布や飲み薬を買うことになるかも。

悪化した場合は、手術をして入院なんてことも…

パソコンやスマホなしは考えられない今、体を鍛えるべきです。

 

 

⑷ 体の変化が楽しい

徐々に体が変化

 

筋力アップを実感して、体が引き締まっていく!

 


最大筋力がアップした

体力がついて疲れにくくなった

体つきが変わった

 

30キロのバーベルを持ち上げるのがやっとだった私は110キロまで記録を伸ばしました。

50キロだった体重を60キロまで筋肉で増量。

一度体の変化を味わうと病みつきになって毎回の筋トレが楽しみになります。

*続ければ必ず結果が出て達成感を味わえるのも筋トレのメリット

 

 

▶ やるなら楽しいほうがいい

楽しくないと続かないし、続かないと効果が出ません。

できなかったことができるようになり、体つきが自分の理想に近づいていく…

努力した分だけ結果が体に表れるので、毎回の筋トレが楽しみになります。

体の変化はあなたが今想像しているよりも3倍は嬉しい。

 

 

⑸ おしゃれな体になる

体はファッションの一部

 

筋肉がついて、余計な脂肪を燃焼します。

痩せていようと、太っていようと鍛えると体のシルエットがおしゃれに…

 

細身の人なら筋肉がついて、がっしりする。

太っている人なら余計な脂肪が燃焼して、引き締まった体になる。

体型に関係なく、鍛えられた筋肉はおしゃれです。

 

 

▶ モデルが着るとどんな服でもかっこよく見える理由

引き締まった体だから。

モデルが着たらTシャツが1000円だろうが、30,000円だろうが関係なし。

ファッションをもっとおしゃれにするために鍛えましょう。

洋服の質に関係なく、おしゃれ度を上げてくれるのは体のシルエットです。

 

 

⑹ スポーツ中のケガのリスクが下がる

スポーツにケガはつきもの

 

理由は、


当たり負けしなくなる

激しく動いてもバランスを保てる

体にかかる負担を軽減できる

 

筋力があればケガをしない場面でも、筋力不足だと肉離れになってしまうかも。

リスク0にはなりませんが、リスクを最小限にしたほうがスポーツを楽しめませんか?

サッカーやバスケなど激しい接触や急激な方向転換があるスポーツはケガで長期離脱する場合があるので筋トレが大切です。

 

 

▶ トレーナーを目指したきっかけ

高校でバスケ部だったのですが、練習がハードすぎて足をケガしたのがきっかけでした。

整形外科に行っても電気治療をしてシップをくれるだけで全然痛みが和らがない…

 

「どうしたら良くなるんだろう?」
「スポーツ医学の最先端のアメリカだったらどんなことをするだろう?」
そう思ってアメリカ留学してアスレティックトレーナーを目指しました。

 

すぐに痛みの原因が分かり少しずつ良くなっていったので驚きでした。

 

 

⑺ ストレス発散

筋トレ後はスッキリ

 

スッキリするし、集中すると他のことを考えなくてすむから。

スポーツも同じですが、体を動かして汗を流すとスッキリしませんか?

普段の生活で凝り固まった体がほぐれると身も心も軽い。

 

「筋トレは疲れるから嫌…」と思うかもですが、アスレティックトレーナー視点だとそれは違います。

一時的に疲れるけど、筋力と体力がついてくれば疲れにくい体に。

 

筋力と体力がつくだけでなく、ストレスを発散できるのは筋トレだけ。

 

 

ガリガリでも筋トレで効果を出すたった1つのポイント

続けていれば必ず効果は出る

 

継続

 

どんなに素晴らしいトレーニングメニューでも続けないと筋トレの効果は出ません。

ストレス解消以外の効果はどれも継続したからこそ実感できました。

*ストレス解消は即効性あり

 

短くても3~6か月。

3年以上続けられれば、すべての効果を実感できる。

努力した分だけ結果が出るのは筋トレの魅力です。

 

 

▶ 毎セッション、一時的な効果あり

一時的な効果の積み重ねで、長期的な効果を実感します。

スパイダーマンのようにクモにかまれてある日突然体が劇的に変化するなんてことはありません。

少しずつ体が変化する過程を楽しみながら継続です。

 

 

▶ 継続や夢中になることは立派な才能

手を抜かずに1つのことを継続するのは意外と大変。

体調が優れない時だって、気分が乗らない時だってあります。

でも、これだけの効果があり、努力した分だけ自分にとってプラスになると分かれば続けられるはず。

 

あなたはずっと続けていることがありますか?

やると決めたら全力で取り組めますか?

筋トレで才能を開花させましょう。

 

どうしても続かない人は筋トレを続ける3つのコツ🖱をどうぞ。

 

 

まとめ

筋トレはあなたの生活を変えるパワーがあります!

ガリガリだった私が実感している筋トレのメリットは、


 ⑴ 体調不良が激減

 ⑵ お腹を下さなくなる

 ⑶ 肩こりや腰痛の予防 

 ⑷ 体の変化が楽しい

 ⑸ おしゃれな体になる

 ⑹ スポーツ中のケガのリスクが下がる

 ⑺ ストレス解消

 

今と将来を健康的に過ごせるだけでなく、結果的にお金と時間の節約になります。

最初の1ヶ月でも体の変化を実感できるので、できることから少しずつ始めてみてください。

 

楽しく筋トレを続ける健康的な生活体調不良にストレスを感じて病院通いする生活どちらがいいですか?

気分が乗らない日もありますが、私は引き続き週2のペースで続けます( `ー´)ノ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログのお気に入り登録よろしくお願いします!
関連記事も合わせて読んでください↓

筋トレを続けるコツ!筋トレ嫌いの
私が17年実践している3つの方法

 

太れない人が健康的に太る方法!
もやしと呼ばれた私でも9キロ増加

 

ベンチプレスのマックスを体重の
2倍まで伸ばす方法10選【実践済み】

  |  

ミニマリストようへい

ムダをなくす具体的な方法を発信しています。アメリカ留学5年、プライベートジム経営9年~、毎年の福井旅行5年~、バスケットボール22年~、筋トレ16年~。日本のムダを減らすためにブログを毎日更新中です!

≫ プロフィール詳細

≫ 初めての方へ