片づけが進まないという悩みをスッキリ解消する『最後の片づけ』

片づけが進まないという悩みをスッキリ解消する『最後の片づけ』

閲覧回数:191 回 
2020年12月20日(日)

 

いらないものはお金、時間、エネルギー、スペースを奪い続ける。

by:ようへい

 

こんにちは。

生活のムダをなくすために片づけを追求し続けているようへいです。

 

「片づけが進まない!」と悩んでいませんか?

その理由はたった1つ、何のために片づけるのかはっきりしていないから。

この記事で紹介する『最後の片づけ』を知ってもらうとその悩みはスッキリと解消します。

 

必要なものだけで快適に暮らせるようになるだけでなく、キレイな状態が簡単に保てるようになりました。

つまりあなたにとって今回が最後の片づけになるわけです。

*片づけに関する記事を1つにぎゅっとまとめました

 

片づけが進まないたった1つの理由

 

片づけが思うように進まない理由は、何のために片づけるのかはっきりしていないから。

やり方はもちろん大切ですが、最終ゴールを知ることはもっと大切です。

『最終ゴール』と『ゴールまでの道のり』を明確にすると迷いは吹き飛びます。

 

 

▶ 片づけの最終ゴール

必要なものだけで、快適に暮らせるようにすること。

いらないものはあなたからお金、時間、エネルギー、スペースを奪っています。

面倒だからとほったらかしだと、結果的に大切なものを奪われ続けることに…

 

片づけが進まない人でも最後までやり切れる『片づけの流れ』を次に紹介します!

 

 

片づけが進まない悩みを解消する『片づけの流れ』

 

片づけの流れは次の通りです。


 ⑴ 片づけのハードルを下げる

 ⑵ メリットを知って、やる気になる

 ⑶ 『いる』『いらない』を判断する

 ⑷ リバウンド対策をする

 

⑴ 片づけのハードルを下げる

片づけに対する固定観念を変えられると、ハードルが下がります。

ダメだと思っていたことが実はOKだったら、立ちはだかっていた壁がスーッと消えるかもしれません。

 

8つの間違った考えと正しい知識をリストアップしてみました。


 ✕ 一気に終わらせないとダメ
 〇 少しずつ進めてもOK

 ✕ できるだけ物を減らさなければいけない
 〇 必要なものはいくらでも持っていい

 ✕ 物を手放すと想い出が消えてしまう
 〇 物を手放しても想い出は消えない

 ✕ 持ち物であなたの価値が決まる
 〇 あなたの価値を決めるのは個性

 ✕ 整理整頓されていればいい
 〇 整理整頓はいらないものを手放してから

 ✕ 欲しいものは手に入れた方が幸せ
 〇 必要なものだけで暮らしても幸せ

 ✕ 片づけはただゴミを増やすだけ
 〇 この先、多くのゴミを減らせる

 ✕ 物を減らすのは失うこと
 〇 いらないものを手放すのは得ること


このリストの詳細は、片づけの間違った考えを参考にしてください。

 

片づけが進まなかったり、途中で諦めてしまったりするのには必ず理由があります。

もしかしたら間違った知識があなたの邪魔をしているのかもしれません。

想い出が詰まっていて捨てられないものがあってもOK。

時間をかけて少しずついらないものを選別していくのもOK。

 

最終的に暮らしが片づける前よりも快適になれば成功ではないでしょうか?

必要なものだけで暮らしてお金、時間、エネルギー、スペースのムダをできるだけなくしたいという気持ちがあれば最後までやり切れます。

 

 

⑵ メリットを知って、やる気になる

片づけの最終ゴールは必要なものだけで快適に暮らすこととお伝えしました。

快適に暮らせるようになるのはさまざまなメリットがあるからです。

やらないとどれだけのロスがあって、やるとどれだけのメリットがあるのかが分かるとやる気になりませんか?

 

片づけのメリットは5つ。


 【1】 お金の節約

 【2】 時短

 【3】 省エネ

 【4】 スペースにゆとり

 【5】 ストレス激減


なぜこのようなメリットがあるのかの詳細は、片づけのメリットを読んでください。

 

「お金が足りない!」
「時間がない!」
「ストレスが減らない!」
という暮らしの悩みはあなたが持っているいらないものが原因になっているかもしれません。

 

年収を2倍にしたり、仕事先の人間関係を断ち切ることは難しいです。

それに比べれば、いらないものを手放すのはとても簡単。

*時間がかかりますが、あなたにとって必ずプラスになります

 

 

⑶ 『いる』『いらない』を判断する

 

最も難しく時間のかかる作業が『いる』『いらない』の判断。

片づける前は自分にとって本当に必要なものが何かを考えたことがないからです。

想像以上に時間がかかって途中でやめてしまった経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか?

 

1つ1つのアイテムを手に取り、『いる』『いらない』を決める地道な作業です。

片づけたあとの快適な暮らしを手に入れるための踏ん張りどころ。

3つの手順を踏んで、最後までやり切ってください。

 

▶ 1:集める

1アイテムずつ目の前に集めます。

TシャツならTシャツだけ。

ジャケットならジャケットだけ。

 

複数のアイテムを集めるとスペースがなくなります。

1アイテムずつにして、厳選しやすくしてください。

 

 

▶ 2:厳選する

『いる』『いらない』『保留』を判断します。

1つずつ手に取って、できるだけ素早く決断です。

 

片づけられない人が判断に迷わないように厳選する作業を3つに分けました。


 【1】 明らかにいらないものを見つける

 【2】 なくても困らないものを選別する

 【3】 本当に必要なものを見極める

 

すべてのアイテムを3つのフィルターに通して厳選します。

そして、仕上げは使わない暮らしの実体験。

悩んで『保留』にしたアイテムを使わずに暮らしてみます。

1ヶ月暮らしてみて、使わなかった保留アイテムは手放してください。

 

すべての『保留』がなくなるのが理想ですが、段ボール1つ分の『保留』があっても問題なし。

悩ましいアイテムはさらに時間を置くことで手放せるようになります。

 

 

▶ 3:手放す

『売る』『ゆずる』『捨てる』の3パターン。

あなたのいらないものが他の人にとっては必要なものになることがあります。

できるだけ『売る』『ゆずる』で手放してください。

まだ使えるものを手放す罪悪感が薄れるうえに、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるかもしれません。

 

厳選する手順の詳細は、『いる』『いらない』の判断基準で確認してください。

そちらの記事を読んでもらえると、誰でも簡単にいらないものを手放せるようになります。

 

 

⑷ リバウンド対策をする

 

リバウンド対策は片づけをくり返さないために最も大切です。

いらないものを手放してスッキリしたのに、また部屋が物でいっぱいになるのは嫌じゃないですか?

正しい対策ができると片づけたあとのキレイな状態をいつまでも維持できます。

 

リバウンド対策の流れは、


持ち物リストを作る

物の置き場所を決める

2つのルールを死守する
1つ買うなら、1つ手放す
使ったら元に戻す

物欲をコントロールする

自分のやりたいことを見つける

 

▶ 持ち物リストを作る

すべてのアイテムをリスト化して、何をいくつ持っているかひと目で確認できるようにするためです。

とても面倒な作業ですが、物を手放したあとならアイテム数が少ないので1時間もあれば完了できるはず。

 

 

▶ 物の置き場所を決める

物の置き場所を決めたら、使ったものを元の場所に戻すだけで部屋が一生散らかりません。

頻繁に使うものほど手に取りやすい位置にして、暮らしやすくするのが理想です。

 

 

▶ 2つのルールを死守する

1つ買うのは、1つ手放したあと。

このルールが守れると物が増えないので部屋をキレイな状態に維持できます。

暮らしの変化とともに必要なものが増減しても部屋はキレイなまま。

 

使ったら元に戻す。

置き場所を決めたので、元の場所に戻すのは簡単です。

このルールが守れると片づけが本当に楽で、整理整頓をくり返すことはありません。

 

 

▶ 物欲をコントロールする

自分や家族にとって本当に必要なものを必要なだけ買います。

物欲を満たすためだけの買い物や見栄を張るためだけの買い物はもう終わりです。

 

 

▶ 自分のやりたいことを見つける

夢中になるようなことが見つかると物欲が抑えられます。

なぜなら、物を手に入れることでは満たされない欲が満たされるからです。

社会貢献する満足感、経済的な余裕が出る安心感、人からの信頼など…

貴重な時間とお金を物を買うことに使うよりも、やりたいことに使うようになるメリットも。

 

 

それぞれの詳細は、リバウンド対策を参考にしてください。

 

リバウンド対策をして本当の意味で片づけが終了です。

いらないものを手放して、キレイに収納するだけではありません。

最後の一押しはちょっと面倒に感じるかもしれませんが、最も大切な作業であることを忘れないでください。

 

 

まとめ

片づけが進まないのは、何のために片づけるのかはっきりしていないからです。

やることが明確になるとやる気が出てどんどん片づけられます。

すぐに片づけの効果を実感できることでしょう。

 

大まかな流れは、


 ⑴ 片づけのハードルを下げる

 ⑵ メリットを知って、やる気になる

 ⑶ 『いる』『いらない』を判断する

 ⑷ リバウンド対策をする


それぞれの詳しい内容はリンク先の関連記事で解説しています。

より理解が深まるので合わせて読んでください。

 

片づけの目的や流れを知っただけでは片づけは終わりませんが、消えかけていたやる気が戻って来たはず。

必要なものだけで快適に暮らすためにもう一度挑戦してみませんか( `ー´)ノ?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログのお気に入り登録よろしくお願いします!
関連記事も合わせて読んでください↓

もっと物を減らしたい人の
8つの間違った考えと正しい知識

 

服を減らすために『いる』『いらない』
を簡単に見分ける3ステップ

 

夢を諦めたくない人に『ごく平凡な
私でも夢を実現した3ステップ』

 

Twitter

  |  

ようへい

日本の食品ロス削減

困っている人の支援
をするために
ムダをなくす具体的な方法
を発信しています

≫ ブログのコンセプト

 

バスケ好きの35歳
アメリカ留学したことがあり、
現在はプライベートジムを経営中

自分が決めたことは
最後までやり通したい性格

≫ ようへいのプロフィール