お金より大切なものは『時間』:時間より大切なものは『〇〇』

お金より大切なものは『時間』:時間より大切なものは『〇〇』

閲覧回数:534 回 
2020年08月26日(水)

 

健康より大切なものはない。
短い人生をより充実させるためにできることをする。
筋トレの目標達成を軸にすると自然と健康的になる。

by:ようへい

「お金より大切なものってあるの?」と考えていませんか?

結論はお金より時間、時間より健康が大切。

健康を第一に考える理由は、生活のあらゆるムダがなくなるから。

 

健康なら医療費がかからないし、治療に時間を取られません。

体力や気力を奪われることもない…

お金が大切なのは確かですが、健康だからこそやりたいことにお金を使えます。

 

20代の頃はお金をたくさん稼ぐことばかりを考えていました。

でも好きな仕事をして生活できるようになり、少しばかりの経済的な余裕ができると考え方が変わります。

 

このブログ記事で紹介する『健康維持の5つのポイント』を実践してもらうと、今よりも健康的になること間違いなし!

 

お金より大切なものが『健康』である理由

やりたいことができるのは健康だから

 

生活のあらゆるムダやストレスがなくなるから。

体調を崩すとお金、時間、体力、気力を奪われます。


お金:
診察料、薬代、入院費、交通費…

時間:
治療の時間、動けないために生じる時間のロス…

体力:
倦怠感、頭痛…

気力:
体力低下や仕事の欠勤による精神的ダメージ…

 

他にもデメリットはたくさん。

体調を崩したことは誰でもあるはず。

体調が優れない時は健康がいかに大切かを実感しませんか?

生活のあらゆるムダをなくせるので、健康はお金や時間よりも大切です。

 

 

お金より大切なものを手に入れる5つのポイント

お刺身は栄養満点

 

ミニマリストが健康のためにしていることは、


 ⑴ 適度な筋トレ

 ⑵ バランスの取れた食事

 ⑶ 正しい姿勢

 ⑷ 快眠

 ⑸ 歯のケア

 

⑴ 適度な筋トレ

筋トレは人生を変えるほどの絶大なパワーがあります。

ミニマリストが実感した筋トレの効果は、


 ✔ 体調不良が激減する

 ✔ 筋肉が引き締まりおしゃれな体になる

 ✔ スポーツ中のケガのリスクが下がる

 ✔ 体の変化が楽しい

 ✔ お腹を下さなくなる

 ✔ 肩こりや腰痛の予防になる

 ✔ 生活リズムを整えてくれる

 

子供の頃は喘息に悩まされましたが、今はほとんど体調を崩しません。

これだけの効果が実感できるともう止められませんね。

簡単な筋トレでも継続すると、より健康的な体を手に入れられます。

自宅で気軽にできる体幹トレーニングはおすすめ。

 

 

▶ 体幹トレーニング

体を支える筋肉を鍛えるのが体幹トレーニングです。

ミニマリストの健康維持には欠かせないほど効果的。

 

体の軸となる体幹部を鍛えると姿勢がシャキッとします。

普段の生活では使わない筋肉を鍛えられるのも魅力の1つ。

私は猫背を改善できたので、肩こりや腰痛はほとんど感じません。

 

スクワットを正しくやるだけでも健康レベルは引き上げられます。

*正しいやり方は別記事で紹介する予定

 

 

⑵ バランスの取れた食事

私たちの体はほぼ100%食べたものからできています。

何を食べるかはとても大切。

 

栄養価が偏らないようにバランスよく食べる。

お肉が好きでも、お魚や野菜を摂ってバランスを整えます。

体が正常に機能して健康を維持するためには食事に気をつけましょう。

 

 

 間食をしない

間食すると食事の量が減ってしまうから。

ちょっとのつもりが食べ過ぎてしまって夕飯をまともに食べられなかった経験はありますか?

間食だけでは栄養が偏ってしまいます。

 

甘いものを食べるなら食後にいただくようにしましょう。

お腹が満たされている時なら少しで満足できます。

 

 

 便秘を解消する

食べる→出すの循環は健康的だから。

3日間出なかったことがありますが、かなり体が重く感じました。

食欲にも影響が出るので、便秘にならないようにするのは健康的。

キノコ、わかめ、白菜など食物繊維が豊富な食べ物はおすすめです。

 

 

⑶ 正しい姿勢

体にかかる負担が最小限になり疲れにくいです。

猫背のまま長時間デスクワークをすると肩こりや腰痛の原因に…

内臓が圧迫されるのも良くありません。

 

ミニマリストはマッサージなどの一時的な対処療法にお金を使わないで根本的な原因にアプローチ。

座っている時、立っている時、歩いている時の姿勢を意識しましょう。

 

 

 猫背を改善する

猫背を改善する4ステップは、

 
 ⑴ 悪い姿勢を自覚

 ⑵ ストレッチ

 ⑶ 筋トレ

 ⑷ 正しい姿勢で日々過ごす

 

ストレッチで固まった筋肉を伸ばし、筋トレで衰えた筋肉を鍛える。

そして、体に正しい姿勢を覚えさせる。

半年ほどかかるので根気がいりますが、健康のことを考えればやるべきですね。

 

 

⑷ 快眠

心身の疲労を回復させます。

生活していれば体も心も疲れるのは当たり前。

よく眠れるのとよく眠れないのではどちらがいいかは明らかです。

 

睡眠不足は集中力の低下や生活習慣病のリスクアップにつながります。

睡眠の質を高めるための環境作りをしてぐっすり眠りましょう。

 

 

 早寝早起き

早寝早起きの習慣ができてから睡眠の質が上がったのを実感しました。

ほぼ同じ時間に寝て、同じ時間に起きる。

生活リズムができるとすぐに眠れて、朝までぐっすりです。

寝具の買い替えもOKですが、お金をかけずにすぐできるのは早寝早起き。

 

 

⑸ 歯のケア

虫歯の予防をすると、いつまでも食事を楽しめます。

 

自分の歯を失って、インプラントや入れ歯になるとどうなるのか?

治療に莫大なお金と時間がかかるし、食事中に痛みが出ることも…

私の父は入れ歯に慣れるまで、食事中に痛みがかなりあったようです。

 

食事を楽しみ、ムダなお金と時間をかけないために歯のケアを毎日しましょう。

 

 

 デンタルフロス

歯ブラシだけでは汚れを落とし切れないので、デンタルフロスを使うのがおすすめ。

歯と歯の間がきれいになるので虫歯と口臭予防になります。

フロスを使うようになってから虫歯になりにくくなりました。

面倒かもですが、治療をして痛い想いをするよりはるかにマシ。

 

 

 定期健診

早期治療や徹底的な掃除を受けられるので歯を良い状態に保てます。

3ヶ月に1度は歯医者さんに診てもらうべき。

ミニマリストは健康のためにできることをします。

歯の定期検診は必須です。

 

 

お金より大切なもの『健康』のたった1つの秘訣

16年間、週2で筋トレ中

 

筋トレの目標を設定するのが健康になる秘訣!

目標に向かって努力するとその他の健康要素も意識せざる負えないから。

 

筋トレの効果を最大限にするためにはバランスの摂れた食事、正しい姿勢、質の高い睡眠、健康な歯が欠かせません。


バランスの摂れた食事:
筋肉回復のためにタンパク質やビタミンが必要

正しい姿勢:
体にかかる負担を最小限にしてケガを予防

質の高い睡眠:
疲れた体を回復させる

健康な歯:
噛み合わせが良いと力が出る

 

私の場合はベンチプレスの記録を伸ばすために努力したら、食事、姿勢、睡眠、歯への意識が高まりました。

健康のために何を始めればいいのか悩んでいるなら、筋トレ。

筋トレを軸にして生活スタイルを決めるのは合理的と言えます。

 

 

 筋トレが嫌いな人は?

嫌でもできることから始めましょう。

私は筋トレが大嫌いでした。

アメリカ留学してバスケ部に入ったのが筋トレを始めたきっかけ。

 

正しいやり方と筋トレの効果を知ると、筋トレが楽しく感じます。

特に男性は体の変化や筋力アップがすぐに実感でき、夢中になる人が多い。

 

バーベルやダンベルを使うウエイトトレーニングでなくても、自重を使う体幹トレーニングなら始めやすいです。

初心者におすすめ。

 

 

まとめ

健康を大切にするのは生活のあらゆるムダがなくなるから。

 

健康維持に欠かせないポイントが、


 ⑴ 適度な筋トレ

 ⑵ バランスの取れた食事

 ⑶ 正しい姿勢

 ⑷ 快眠

 ⑸ 歯のケア

 

筋トレの目標達成を軸とした生活スタイルだと、あとの4つのポイントも自然とついてきます。

筋トレ効果を最大限にするために食事、姿勢、睡眠、歯に気をつけるからです。

健康を維持するのはミニマリストだけでなく、すべての人にとって大切。

何から始めようか悩んでいるなら、嫌でもできる筋トレにしてみませんか( `ー´)ノ?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ミニマリズムを広めるために毎日更新中。
健康関連の他の記事も合わせてどうぞ↓

ガリガリでも筋トレを17年続けて
実感している7つの意外なメリット

 

筋トレを続けるコツ!筋トレ嫌いの
私が17年実践している3つの方法

 

お金の使い道を知らないのは、
稼いだお金を半分以上捨てているのと同じ

  |  

ミニマリストようへい

ムダをなくす具体的な方法を発信しています。アメリカ留学5年、プライベートジム経営9年~、毎年の福井旅行5年~、バスケットボール22年~、筋トレ16年~。日本のムダを減らすためにブログを毎日更新中です!

≫ プロフィール詳細

≫ 初めての方へ